NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

モモタロックス

      2016/05/24

むかしむかしある所に、貧乏なオジックスとオバックスが住んでいました。

この夫婦は貧乏だったために、子供を授かることが出来ませんでした。

ある日、オジックスは山に芝刈りに、オバックスは川へ洗濯に行きました。

オバックスが川で洗濯をしていると、どんぶらこ、どんぶらこ、と大きなモモックスが流れてきました。

「おや、これは良いお土産になるわ」

オバックスは大きなモモックスを拾い上げて、家に持ち帰りました。

そして、オバックスとオジックスがモモックスを食べようと切ってみると、なんと中から元気の良いモモタロックスが飛び出してきました。

モモタロックスはスクスク育って、やがて強い男の子になりました。

そしてある日、モモタロックスが言いました。

「僕、鬼ヶ島に行って、悪いオニックスを退治します!」

オバックスにシゲキックスを貰うと、鬼ヶ島に出かけました。

旅の途中で、猫のともっくすに出会いました。

「モモタロックスさん、どこへ行くのですか?」

「僕、鬼ヶ島に行って、悪い鬼を退治するんだ!」

「それでは、お腰につけたシゲキックスを1つ下さいな。お供しますよ」

ともっくすはシゲキックスを貰い、モモタロックスのお供になりました。

そして今度は、芸人のあずまっくすに出会いました。

「モモタロックスさん、どこへ行くのですか?」

「僕、鬼ヶ島に行って、悪い鬼を退治するんだ!」

「それでは、お腰につけたシゲキックスを1つ下さいな。お供しますよ」

あずまっくすはシゲキックスを貰い、モモタロックスのお供になりました。

そして今度は、シマウマのにゅーずぴっくすに出会いました。

「モモタロックスさん、どこへ行くのですか?」

「僕、鬼ヶ島に行って、悪い鬼を退治するんだ!」

にゅーずぴっくすはシゲキックスを貰い、モモタロックスのお供になりました。

こうして、ともっくす、あずまっくす、にゅーずぴっくすの仲間を手に入れたモモタロックスは、遂に鬼ヶ島へやってきました。

鬼ヶ島では、オニックス達が近くの村から盗んだ宝物やごちそうを並べて、酒盛りの真っ最中です。

「皆んな、ぬかるななよ!それ、かかれ!」

ともっくすはオニックスのおしりっくすにかみつきっくす、あずまっくすは財宝で汗を拭きっくす、にゅーずぴっくすはプロピッカーを召喚しまっくす。

そしてモモタロックスも、かたなっくすを振り回して、おおあばれっくす!

とうとうオニックスの親分が、

「まいっくす、まいっくす、こうさんだっくす、たすけっくす!」

と、手をついてあやまりっくす。

モモタロックスとともっくすとあずまっくすとにゅーずぴっくすは、オニックスから取り上げたたからっくすをくるまっくすに積んで、元気よく家に帰りっくす。

オジックスとオバックスは、それを見て大喜び!

その1年後、

モモタロックスに、弟ができたいうことです。

おしまい

 - NyasPaper編集部のネタ