NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

『100万回生きたねこ』に学ぶ後悔のない人生の送り方

      2016/08/16

白猫

@marikobiz

100万回も死んで100万回も生きたねこは、100万1回目に死んだ時、生き返えることはありませんでした。なぜなら、100万1回目にして、やっと後悔のない人生を送ることに成功したからです。

なぜ100万回生きたねこは100万1回目で後悔のない人生を送ることに成功したのでしょうか?この成功の秘訣について、100万回どころか、恐らく1回も生き返ることができない人間は学ばねばなりません。なぜなら、人生はワンチャンスですから!

猫 画像

ワンチャンスを活かして後悔のない人生とするために、まずは100万回生きたねこの100万回の失敗について学んだ後、100万1回目にしてやっと手にした成功について学びましょう。

100万回生きたねこが100万回失敗した一番の理由は、他人の時間を生きたからです。戦争好きな王様、世界中を旅する船乗り、サーカスの手品使いなど、100万回すべての人生は野良でなく飼い主がいる安定した生活でした。

経済的に恵まれた家庭で育ったにも関わらず、100万回生きたねこは100万回のどの人生も嫌いでした。なぜなら、他人にコントロールされる人生であったからです。行きたくもない戦場に王様に連れて行かれたり、乗りたくもない船に船乗りに乗せられ、入りたくもない箱に手品使いに入れられなど、ねこは限られた時間を他人のために無駄にしました。

一方、野良猫として生まれた100万1回目の人生は、後悔のない人生でした。なぜなら、誰にもコントロールされず、自分の心と直感を信じて生きたからです。そして、何よりも、他人であるにも関わらず自分の時間のことのように錯覚できるパートナー白いねこに出会えたからです。100万回生きたねこは、白いねこと出会ったことで「おれは、100万回もしんだんだぜ」という自慢を辞め、「そばにいてもいいかい。」と白いねこに自分の気持ちを正直に話すようになりました。

画像 猫

他人のための時間を生きるよりも、自分のためだけの時間を生きるよりも、自分のことのように錯覚できる他人の時間を生きる。これが、後悔のない人生を送る秘訣です。

『100万回生きたねこ』全文

この記事にコメントをする

 - 猫画像(その他) ,