NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

【そーすい】月100時間をゲームに捧げるSEの青春時代。そして人工衛星の打ち上げ成功。

      2016/08/13

紙芝居で人生をたどるシリーズ【1人目】あああ

「ゲームは月100時間はやっています。」そう語るのは、「東京生まれインターネット育ちのSE」こと「そーすい」である。そーすいは、月に100時間のゲームプレイ時間を誇り、特にドラゴンクエスト10(DQX)は累積プレイ時間が4,500時間を超えるという。幼いころからゲームに熱中したことがきっかけでプログラミングの道にも目覚め、中学生のころにガンダム風のブラウザーゲームを自作。ピーク時には300人ほどが登録しており、他ゲーマーとの交流を図るためにオフ会も年に1~2回ほど訪れていたという。本記事では、ゲームを始めた小学生時代から、卒業研究での人工衛星の打ち上げまでの軌跡と、今後の目標についてインタビューした。

 ゲーム三昧の小中学生時代

時は昭和。東京に生まれた一人のSE(システムエンジニア)がいる。

彼の名前はそーすい。

小さい頃からゲームに熱中し、ゲーム三昧の毎日を送っていたという。

そーすい1

ゲームを始めたきっかけは、両親がスーパーファミコンを買ってきてくれたことだった。そして始めてのソフトは王道のマリオ。そこからゲームに熱中していき、弟や友人も巻き込み、様々なゲームにチャレンジしていった。

しかし彼が小学生だったある日のこと。

弟が先にゲームをやっていたために、そーすいがテレビゲームをすることができない日があった。そこでそーすいは、ゲームの代わりに当時家にあったWindows95で遊ぶことに。これがきっかけで、ネットゲームに興味を惹かれていく。

 

3

そーすい

昭和、東京生まれ。「東京生まれインターネット育ちのSE」と称するシステムエンジニア(SE)兼ゲーマー。ドラゴンクエスト10(DQX)で使用しているキャラクター「ドワーフ」をSNSのアイコンに使用し、その累積プレイ時間は4,500時間を超える。現在も月100時間のペースで様々なゲームをプレイしているという。中学時代に、ゲームに熱中したことがきっかけでプログラミングの道にも目覚め、ガンダム風のブラウザーゲームを自作。ピーク時には300人ほどが登録するほどの規模になったという。中学時代にはロボコン全国大会優勝、高専時代の卒業研究では、人工衛星の打ち上げにも着手した経歴を持つ。

中学生になったそーすいが、マリオの次に夢中になったのがガンダム系のブラウザゲーム。

その時に周りのプレイヤーから呼ばれるようになったあだ名が

「総帥」

漢字だと堅苦しいので、ひらがな表記で今も愛用しているという。

そんなある日。

当時熱中していたブラウザゲームが突然終了するという大事件が起きる。気を取り直し、そーすいは三国志のブラウザゲームを始めるが、即刻挫折。なぜなら、コンピュータ一色の生活を送っていたそーすいには、三国志に出てくる漢字が読めなかったからだ。

そーすい3

そこでそーすいは、自力で新しいブラウザゲームを作ることを決意。三国志のブラウザゲームのソースは公開されていたので、まずはそれを参考にし、ガンダム風のブラウザゲームを立ち上げた。

そのゲームは当たり、ピーク時には300人ほどが登録する盛況ぶり。この自作ゲームがきっかけで、ゲームプレイヤーが集まるオフ会にも年に1,2回訪れ、大規模な時には20人以上もの人が集まる会となった。

 

ネットに可能性を見出し、高専へと進学

そーすいが中学3年の時、「これからはネットだな・・・」と確信し、手に職をつけるために高専へと進学。高専に入ってからはプログラミングのスキルも上がり、さらにブラウザゲームの改造にのめり込んで行った。

しかしゲーム好きのそーすいの生活は、当然ながらゲーム三昧。学校ではDSやPSPが流行っておりマリオカート、ポケモン、モンスターハンターなどありとあらゆるマルチプレイが行われていた。通信ケーブルが不要になった携帯ゲーム機のおかげで授業には身が入らず、成績はいつもワースト四天王。最低限単位だけは取れる程度の勉強しかせず、残りの時間は全てゲームとアニメに回していたという。

そーすい3

そのゲーム好きはエスカレートし、体育の授業中に自転車で抜け出し新作ゲームを買いに行ったこともあったという。そのときのこと思い出し、そーすいは「スリル満点だった」と興奮気味に語る。

そんな楽しい学生生活はあっという間に過ぎ卒業研究の時期がやってきた。

「流石にそろそろ真面目にやらないと卒業出来ないかもな・・・」

楽観主義だったそーすいもさすがに不安になったという。

そこでまず手始めにそーすいは、研究室を選ぶ基準を考えてみることにした。 ひとつは成績優秀な友達が入る所。 もうひとつは面白そうな研究室であること。

いざという時に友達に頼る事で留年のリスクヘッジを行い、かつ面白おかしく残りの学生生活を過ごそうという魂胆である。

 

人工衛星を飛ばす

1つだけ条件に合致する卒研があった。

人工衛星を作る研究室である。

その選択は、人工衛星という珍しさに面白さを見出してのことだった。

また、基本的に卒研は4年生の半年が過ぎた頃から始まり、その後1年半だけで完結するものであるが、ここは違った。宇宙科学研究同好会という、1年生から専攻科生までが所属している同好会が研究室で活動していたのである。

そしてそーすいは衛星に搭載されるマイコンのプログラミングを始めた。それまでは普通のPC用のプログラミングしかした事がなく、このような組み込み系のものは初めてだったという。

H8のマニュアルを見ながらLEDを点滅させたり、サーミスタで温度を読み取ったりと、小さなことが少しずつ出来るようになっていくのが当時のそーすいをそれに夢中にさせた。

とはいうものの、破天荒なそーすいのことである。夏休みも皆が衛星の開発を進める中、自動車免許の教習で研究室をサボったり、研究室でビッグオーの漫画を読んでいたら先生に辞めろと言われたりなどのエピソードももちろん事欠かなかったそうだ。

そーすい4

しかしそーすいは何かに熱中すると、がむしゃらになるタイプ。それからは毎日、人工衛星開発に打ち込む日々が続いた。

 

そして、打ち上げ前日。

研究室に泊まっていた同好会一同は空港から飛び立った。鹿児島県種子島にあるJAXAの射場へと向かうのである。

飛行機と水上ジェットバスの長時間の移動で疲れていたのもあり、一息つくと辺りはたちまち暗くなっていた。

この日の夜は満天の星空だった。 これだけでわざわざ変わった卒研に入り、東京からはるばる来て本当に良かった、と彼は思った。

そして、いよいよ打ち上げ当日。

射場の見える土手に移動し打ち上げを見守った。

 

そして緊張のカウントダウン

 

3

2
1

 

「ゴゴゴォォォォォォォォォォォォォォォ!!

見たこともないような閃光と轟音が辺りに響き、H2Aロケットは宇宙に向かって真っ直ぐ上昇した。それが 見えなくなるまでは一瞬の出来事であった。

歓声に包まれた後にはテレビのインタビュー。 何年にもわたる開発の、ラスト1年数ヶ月にたずさわっただけというが、そーすいはそれに対して誇りを感じたという。

そして宿に戻り研究室からの連絡を待つ。 衛星がロケット本体から分離されるまで気は抜けない。

研究室から電話がかかってきた。

「ピーピーピピー」 「ビーコン受信出来ました!」

 

 「やったー!!
そーすい5

見事に分離成功である。

「この日はNHKのニュースでも報道され過去にない経験が出来た」と、そーすいは感慨深そうに語った。

 

今後の目標は?

現在はSEとして働く傍ら、月に100時間のゲームプレイ時間を誇るそーすいの今後の目標は何なのか聞いてみた。

彼女欲しいのと転職したいのとDQXのコロシアムランキングで100位以内に入る事かな。 全部希望です!

やはりそーすいは自由人という印象だ。人を惹きつける謎の魅力を持つ彼の今後にも期待したい。

 

(文中敬称略)

2

(撮影:そーすい;画像はスクウェア・エニックスの利用条件に従って使用しています)

 

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - NyasPaper編集部のネタ