NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

【危険】血液クレンジングを安易に受けるべきでないたった1つの理由【副作用】

      2016/08/13

nekogazo

血液クレンジングとは

オゾン療法(血液クレンジング)は、血液を脱血し、そこにオゾンガスを混合し、オゾン化した血液を体の中に戻す治療方法です。

脱血される血液の量により少量自家血療法と大量自家血療法の2つの治療方法があります。

少量自家血療法は3~5ccの血液をオゾン化、大量自家血療法は100~200ccの血液をオゾン化します。

若い女性の間で人気のある血液クレンジングといえば、後者の大量自家血療法を指します。

血液クレンジングは保険でも認められれっきとした治療方法であり、がん、悪性リンパ腫、リウマチなどの自己免疫疾患、B型肝炎、C型肝炎、HIVなどに有効性があります。

しかし、保険適応はあくまでも上記疾患であって、若い女性がアンチエイジングの目的として治療を受ける場合には保険適応外です。

血液クレンジングを受けた女性の声

https://twitter.com/yuriuri96/status/719801315031781376

血液クレンジングを警告する医師の声

女性タレントをはじめ若い女性の間で注目されている血液クレンジングですが、医師の中では別の意味で注目されています。

身体だけでなく心も綺麗にすると噂の血液クレンジング。しかし、その推奨する根拠は極めて乏しく、血液クレンジングを推奨する医師は多くないです。

アンチエイジング目的での血液クレンジングは危険ですので、絶対に辞めましょう。


血液クレンジング療法 ―ドイツで1万人以上の医師が選んだ

この記事にコメントをする

 - NyasPaper編集部のネタ