NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

【子猫のグルメ】三浦市 三崎港 まぐろの漬けトロ天丼

      2016/08/14

misaki

吾輩は猫である。名前はミサキ。

本日は三浦半島最西南端、漁港で栄えた町三崎港にある「くろば亭」にやってきた。

mise

三崎朝市で仕入れたばかりの新鮮な魚を出す店なだけあって、最西南端という辺鄙な場所にも関わらず店の前には20人ばかりの行列。

仕方がないので、店の前に急遽開催されたであろうダンボール水族館を観覧しながら時間を潰す。

suizokukan

トラザメかっけえ。見惚れること約1時間、やっとこさ店主より入店の許可を得る。店内に入るとまず目に飛び込んでくるのがマグロのかぶと焼き。

kabuto

吾輩、マグロよりも大目玉を食らう。

間髪入れずに女将から注文を促されるも、マグロ料理をはじめメニューがあり過ぎて選べない。仕方がないので、困ったときの人気ナンバーワンメニューを注文。

menu

注文が運ばれてくるまでのあいだ店内を見渡すと、

魚のお店にもかかわらず店内の人間は肉ばかり食べているではないか。けしからん。吾輩、あまりにも腹が立ったので店主を呼びつけると、

店主「肉でなく魚です。マグロカルビといい、マグロをカルビ風に焼いています。B級グルメでも優勝した当店自慢のマグロです。」

なんと。限りなく肉に近い魚だったとは。こう見えて実はカルビに目がない吾輩、追加でマグロカルビなるものを注文する。

店主「お待たせしました。マグロカルビとまぐろの漬けトロ天丼です。」

karub

肉です。明らかに肉です。

don

魚です。明らかに魚です。

猫です。明らかに猫です。いただきます。

むしゃ、むしゃ、むしゃ

う、うみゃああああああああああああああ

うみゃああああああああああああああすぎる

ゲプッ

kara

ごちそうさまでした。肉に魚に、ダンボール水族館以外は満点な三崎港のくろば亭。はるばる西南端まで来たかいがあったなあ。

【店舗情報】
最寄り駅:三崎口
予算:2000円
定休日:水曜日
評価:🐱🐱🐱
URL:くろば亭

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - 猫画像(かわいい) ,