NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

あえて猫が「カワイイ」理由を3つ挙げる

      2016/05/24

日本人の大好きな動物、ネコ。どうしてネコが好きなのか、と聞かれたらあなたは何と答えるでしょうか。

おそらくほとんどの人は、

カワイイ

からと答えるでしょう。

kawaii

実際、動物・ペットについてのアンケートランキングによると、ネコ派の言う、ネコを好きな理由は、1位:「かわいい」、です。

しかし、私は疑問に思いました。

「何故猫はカワイイのか」

素朴ながら、ネコ好きとしては放っておけない、根本的かつ、重要な問題です。

そこで、私が以前あげた記事、「NewsPicksユーザーにネコ中毒者が多い理由を分析した」のNewsPicks内でのコメントを確認してみました。

すると猫が「カワイイ」理由の分析ととれるものがいくつかあったので、以下に示します。

 

「なによりやわらかくて、かわいい (ともさま)」

「なぜ猫かって?あの顔で見つめられたら、あの声で鳴かれたらもう離れられないでしょうよw (y-ikedaさま)」

 

これらコメントを見てみると、ネコが可愛い理由として、視覚聴覚触覚に分類される要素があることに気づきました。

おそらく、一部のネコマニアならば、「ネコの匂いがたまらん」だとか、「ネコの毛の味はカワイイ」、などという方もいるかもしれませんが、今回は、視覚、聴覚、触覚、の3つの視点から分析していくことにします。

kawaii3

コメントを見ると、視覚的に感じられるのは、ネコの「顔」で、聴覚的なものは「鳴き声」、触覚的なものはその「やわらかさ」、です。

これらの複数の要素が絡み合って、人間はネコを「カワイイ」と思うようです。

 

と、ここでしっかりと確認しておかなければならないのは、

「カワイイ」とはいったい何か

ということです。

「カワイイ」とは何か、については長年様々な研究がなされていますが、もっともよく言われているのは、

「幼さ」がカワイイを生み出している

ということです。

たしかに、私たちは、赤ちゃんや小さな新芽をみて、「カワイイ」なと思いますよね。読者の皆様も、これには共感していただけるだろうと思います。

というのも、もともと「カワイイ」という言葉は、「あわれで、人の同情をさそうような様を表した言葉」であります。

このことから、私たちが何かから「幼さ」を感じ取るのと同時に、か弱さからの同情心を覚えて、それが日本人の「カワイイ」という感情に結びついていると考えられるのです。

つまり、多くの場合において、

対象が「幼く」見えれば、「カワイイ」という感情も同時に抱く

ということが言えるのです。

ということは、ネコには「幼さ」を見出す特徴があるということになりますが、それはどこでしょうか。

kawaii2

まず一つ目に考えられるのは、視覚的特徴の一つ、顔です。

ネコの顔には確かに「幼さ」が感じられます。それは、ネコの目と口の間隔が狭いことと同時に、顔が丸いからであると考えられます。

人間の幼児は、成年にくらべて目と口の間隔は確かに小さく、咀嚼器官が未発達なために、顔がまるい。

このことから、ネコの顔は「幼さ」を備えていると言え、それが「カワイイ」を作り出していると言えるのです。

 

二つ目に、触覚的特徴である、「やわらかさ」です。

人間は動物にしては珍しく、生まれた瞬間に立つことができません。それはまだ歩くには未成熟であるからであり、触ってみると柔らかいです。

つまり、人間は「やわらかさ」に対しても「幼さ」を感じてしまうのです。

それにより、「カワイイ」という感情を引き起こされると考えられるので、ふわふわと柔らかいネコをカワイイと感じるのです。

 

最後に、聴覚的特徴である、「鳴き声」です。

ネコの鳴き声はイヌなどに比較して高いです。

また人間の幼児期でも声変わりをしていないので、声が高いですよね?

つまり、ネコの声が高い、ということが、人間の幼児の声の高さを想像させ、ネコの「カワイイ」を生み出している理由だと考えられるのです。

 

kawaii4

いかがでしょうか。

ネコはうまい具合に「幼さ」を兼ね備えており、上述の三つのポイントから「イヌ」と比較してみると、そのどれもで優っているように見えます。

これが「イヌ」より「ネコ」がカワイイと思われることが多い理由であり、NewsPicksでネコ人気が優っているのもこうした理由からでしょう。

(とはいえ、イヌの中にもこれらの特徴を備えているものも多く、イヌに、より馴染みのある環境で育った人が、イヌと触れ合うことでその良さに気づき、イヌ派になるのもまた、頷けるところでもあります。)

 

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - 猫画像(その他)