NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

吉祥寺ねこ祭り2015に行ってみたら熱気が想像を越えてた。

      2016/06/29

それは、東京でのNewsPicksオフ会について参加者に連絡を回していた時のこと。

 

?「10月は吉祥寺ねこ祭りが開催中ですが、もしかして会場もそこですか?」

ともっくす「いえ、違います笑 でも暇だし個人的に行ってこようかなー」

?「俺も上京してやること無いし行こうかなー」

ともっくす「一緒にねこめぐりでもしますか?」

?「しますか!」

 

ということで、NPユーザーのこの方と一緒に吉祥寺ねこ祭りに行ってみた。

greenhaircat

 

【吉祥寺ねこ祭りとは?】

2010年から、吉祥寺で毎年10月に開かれている猫の祭典。元々猫のお店が点在し、地域猫活動なども活発で猫にゆかりのある地だったことから始まったとのこと。

コンセプトは、人と猫の共存。素晴らしい。社会における猫の存在感は日々増しており、いずれどの国・どの地域でも考えざるを得ないテーマと言えましょう。

猫との共存運動の先進的な街として、歴史に名を残すであろう吉祥寺へは猫好きとして行かない手はありませんね。

 

 

 

当日、電車で到着前にもじゃさんから連絡が来る。

もじゃさん「もじゃもじゃでメガネで無精髭を目印に探して下さい。」

吉祥寺人多そうだし、それだけで分かるかな・・・?という僕の心配をよそに、一瞬で見つかりました。もじゃさんという名前は伊達ではありません。

その場で初めましての挨拶をして、駅近くのビックリドンキーに入りねこ巡りの作戦を立てることに。

IMG_1789
[人多いにゃー!]

 

観光案内所で手に入れたねこ祭りパンフレットを見ると、実に30強もの参加店舗が紹介されています。

さすがに全ては回りきれません。駅周辺を中心に気になるお店をいくつか回ろう。

そして最後はやはり猫カフェでモフモフして締めるという完璧な計画を立て、いざ出発。

IMG_1974
[猫尽くしでステキな街]

IMG_1977

 

ママ猫の古本やさん

IMG_1967

 

始めに行ったのは、ママ猫の古本屋さん。猫に関する本だけが200冊ほどズラっと並んでいて圧巻。

 

IMG_1792

このお店、裏路地に入って少し分かりにくい場所にある上にとても小さいスペースに出店しているのですが、かなりのお客さんでごった返している。猫の力はスゴイといきなり見せつけられる。

 

IMG_1794
[小説、新書、エッセイから・・・]

 

 

IMG_1793
[絵本や写真集まであらゆるジャンルを取り揃える。]

今回この中から1冊猫本をチョイスして、購入。(後日紹介する、かも。)

 

IMG_1796

 

IMG_1795

小物もいくつか置いてました。芝にゃんこは珍しい。インテリアとしてよさそうです。ネットでもECサイトで買えるみたいですよ!

いってん

 

猫アートギャラリー ゆめ猫

IMG_1976

大阪、横浜にお店を構える、猫雑貨のゆめ猫の出張スペースです。

 

IMG_1798

IMG_1797
[女性向けのアクセサリーが充実。]

 

女性用猫アクセサリーを見ながら、奥さんとの関係が最近危ういもじゃさんが、何かをつぶやいている。

もじゃさん「嫁用に何か買っていこうかな。会話のきっかけになるかもしれないし、もしかしたら猫の力で仲良くなれるかもしれないし・・・。」

ともっくす「もじゃさん・・・(´;ω;`)」

結構迷っていましたが、結局断念。もじゃさんに幸あれ。

 

IMG_1805 IMG_1802

IMG_1800

 

一通り小物を眺めていた所で、衝撃的なアイテムを発見。その名も、にゃんこサイダー

 

 

IMG_1803

 

これは猫用ではなく、人間用のドリンクなのですが、なんとマタタビ入り。

店員さん「これ飲むと、口元からマタタビの香りが出て猫にモテるようになるよ〜」

ともっくす・もじゃ「にゃ、にゃんだってー!!」

確かに写真を見ても、猫が相当食いついている。

 

こんな夢のようなドリンクがあったなんて。

これはこの後行く猫カフェに入る前に飲めば、ウハウハ状態になるんでは?

ということで、2人で購入!

 

HIKOSEN CARA

IMG_1971 IMG_1809

 

猫グッズのお店、HIKOSEN CARA。店内は写真NGとのことなので、看板のみ。

このお店、雑貨の他にも猫が描かれた洋服やニットなどがかなり充実してます。

うおおおお、めっちゃ可愛い!と物色していたものの、見るとどうやら女子用しか置いていない・・・

ともっくす「男は猫服を着る権利が無いのか・・・?ふざけるにゃ!男女差別にゃ!」

店先でデモを行う寸前まで来ましたが、もじゃさんになだめられて冷静を取り戻す僕。

ということで、女子にオススメのお店です。僕のような猫好きを一瞬で虜に出来る服が揃っていますよ!

 

necosekai

IMG_1973

大型ショッピング施設のコピス吉祥寺内にある、猫雑貨のお店。

猫用の雑貨と、猫をモチーフにした人間用の雑貨が両方揃っています。

IMG_1821
[入り口では、ケージの中で猫さまがお出迎え。やる気満々ですね!]

 

IMG_1814 IMG_1815
[猫用のケア用品やおもちゃが沢山]

IMG_1816
[最近話題になっていた、猫が食べやすい食器を見つけたので、購入して実家へ発送]

IMG_1819

IMG_1820

なんというか、小物からキッチン用品まで、猫アイテムの幅はすごいですね・・・。

将来、家の中のものを全て猫で統一しようと決めました。

 

IMG_1827
[猫時計もオシャレ]

 

ユニクロ吉祥寺店

IMG_1968

 

IMG_1847

全7階の大型ユニクロ店舗。ここでは、なんと猫のオリジナルTシャツが作れます。ぶっちゃけ、猫じゃなくてもノンジャンルで作れるみたいですが

指定の画用紙に絵を書くか、スマホに入っている画像データから作成できます。1枚約2000円と、結構お手軽価格。

せっかくなので、僕ともじゃさんでそれぞれ1枚ずつ製作をお願いすることに。約1時間かかるとのことなので、他の場所で時間を潰すことにしました。

 

Bellbet 吉祥寺

IMG_1972

 

IMG_1833

IMG_1836

ここは北欧家具のお店。

ということは、猫の家具が一杯?と思いましたが、食器や小物、雑貨が中心でした。

 

IMG_1837

IMG_1834

IMG_1835

ここでは、スマホ用のイヤホンジャックを購入。海外在住者にとっては、こういう小物でも凄く貴重なのです。

 

IMG_0072
[スマホカバーももちろん猫。]
[プラグ上付き用と下付き用を間違って買ってしまったのは内緒です。]

 

Cat cafe てまりのおうち

IMG_1969

 

この辺で、いい時間になってきました。

よし・・・そろそろ猫カフェに突入するか!

ということで、絵本の世界が広がる猫カフェ、てまりのおうちにやってきました。

 

 

が・・・

入り口前にかなりの行列が出来ている。10人以上はいる。

 

一応店員さんに聞いてみることに。

ともっくす「すみません、何時ぐらいに入れる見込みですか?」

店員さん「予約無しのお客様だと、2時間待ちぐらいだと思われますが・・・」

ともっくす、もじゃ「にゃ、にゃ、にゃんだってー!!」

 

恐るべし猫人気・・・。仕方ないので、近くにあるもう一つの猫カフェに行ってみることに。

 

猫カフェ きゃりこ

IMG_1970

やってきたのは、猫カフェ きゃりこ

 

IMG_1844

ともっくす「お、もじゃさん!ここは人が少ない裏通りだし、店前にも人影が無くて、行けそうですよ!!(←失礼)」

ここは大丈夫みたいだと確信。

ということで、先程購入したにゃんこサイダーを飲み臨戦態勢に入る。

 

 

IMG_1840

IMG_1842

原材料欄にも、しっかりマタタビエキスの文字が。また、生姜汁と書いてあるように、ジンジャーエールに近い味でした。普通においしかった。

 

にゃんこサイダーを飲み干し、いざお店へ。これで猫にモテモテ・・・。そしてモフモフし放題・・・?

ニヤニヤしながらお店へ入る。

 

ともっくす「すいませーん!大人2人入れますかー!!」

店員さん「ご予約はおありでしょうか?」

ともっくす「ありませーん!!」

店員さん「でしたら、2時間待ちほどになってしまいますがよろしいですか・・・?」

ともっくす、もじゃ「にゃ、にゃ、にゃ、にゃんだってー!」

 

よく見ると、店内にはお客さんがギッシリ。その後も予約客で埋まってるらしい。あなたたち、どんだけ猫好きなんですか!

口元からマタタビの香りを漂わせ、呆然と立ち尽くす大人が2人。力が抜け、無残に床に転がるにゃんこサイダー瓶・・・。

この後2人とも予定があったので、泣く泣く猫カフェは諦めることにしました・・・。

 

再び ユニクロ吉祥寺店

一日の締めに、先程注文したオリジナルTシャツを受け取りに再びユニクロへ。素晴らしい出来に仕上がっていました。

 

まずは、もじゃさん作のオリジナルTシャツがこちら。

IMG_1953

 

もじゃさんが生み出したLINEスタンプキャラクター・ポンピンを胸元にワンポイント添えた、クールなTシャツに仕上がりました。

LINEスタンプ ポンピン

 

IMG_1956

Tシャツの上からジャケットなどを羽織れば、胸元からチラチラ覗くポンピンがなんともオシャレ。ビジネスシーンにもマッチしそうですね。相手を思わずYESと頷かせる力がありそうです。

 

続きまして、私ともっくすのオリジナルTシャツがこちら。

IMG_1978

僕のご主人・ミィ様を、枠一杯まで大胆にプリントしたドヤ顔Tシャツ。カジュアルなシーンで大活躍する作品になりました。

 

IMG_1979
[ドヤァ・・・]

これを着れば、カエルのぴ◯ん吉並にいつでもミィ様と一緒です。離れ離れになってしまっても、これでもう寂しくありません。

街中で着まくって、オーストラリア中にミィ様の可愛らしさを見せつけてあげようと思います。

 

ここで吉祥寺ねこ巡りは終了。もじゃさん、お付き合いありがとうございました!

IMG_1848
[モールでなく、商店街が栄える街は、やっぱりイイですね!]

 

総括

猫カフェに行くときは念のため予約しましょう。

完全に猫さま人気を舐めていました。若者から中年まで、実に幅広い層が猫さまに会うために訪れていました。日本のネコノミクスの盛り上がりを肌で実感できたことは貴重な経験ではありましたが・・・。

せっかく行ったのに猫さまに会えない、もう死ぬ。とならないためにも、皆様が行く時は予約を入れることをおすすめします。

 

今回ご紹介した場所は全体のほんの一部です。雑貨店、ギャラリー、レストランなど、猫さまを楽しめるお店やイベントはまだまだあります。

特別イベントも毎日のように開かれてます。にゃんこ映画祭や、猫の譲渡会&猫ものマーケットなど。あと、リアル猫ヘッドは被ってみたかったですね・・・。

猫カフェ以外のお店も、どこも猫好きでごった返してました。街中が猫さまへの熱気に包まれ、猫好きなら行って損はありません。

吉祥寺ねこ祭りは10月末まで開催中ですので、お時間ある方は是非行ってみてくださいね!

 

 

今回非常に楽しかったものの、リアル猫さまにお会い出来なかったことはやはり残念でした。

ということで、後日一人で猫カフェに再チャレンジしてきました。次回は、リアル猫さま画像満載の記事をお届け致します。

次回予告「猫カフェ型猫シェルターに行ってみたらフルボッコにされた。」

 

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - 猫画像(その他)