NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

下僕の猫紀行 〜猫寺編〜

      2016/05/24

下僕の心得

我々は猫さまの下僕である。

この命ある限り

全身全霊で猫さまに尽くさねばならぬ。

猫さまのために何が出来るか常に考えねばならぬ。

そのためには

暇さえあれば猫さまのところへ赴き

触覚、聴覚、視覚、嗅覚、味覚(?)

五感を通した魂の会話をせねばならぬ。

要するにモフモフせねばならぬ。

自由奔放な猫さまに心を委ね

猫さまのわがままに付き合えば

何が猫さまにとっての幸せなのか

自ずと下僕の心に浮かび上がる。

新たな心得を胸に刻み

また下僕として洗練されていくのである。

 

どうも初めまして、山本です。 早速ですが、只今より、猫さま画像を放出します。 今すぐ画面をスワイプorスクロールして、猫さま様を見てくださいっ!! 不躾な自己紹介など…不要っ!要らぬものは…要らぬっ!滅!

私は経済ニュースアプリNewsPicks、もといNyasPaperがきっかけで、猫さま派になりました。 そして先日、下僕としての修行を兼ねて「お寺」に行って参りました。今回は、その一部始終を皆さまにお届けいたします。

拙い文章を飛ばして、写真だけでも楽しんでいただければ幸いです。 なお宗教的な話は一切合切出てきませんので、あしからず。

 

 

ファイル00000

朝霧が濃い。50m先も見えない。時間は朝6時30分過ぎ。 時折、静寂の中に修行僧の看経が聞こえてくる。 ここは歴としたお寺である。ただ少しばかり、ねこが多いだけの。

 

 

参道を登った先で出迎えてくれるのは『石像』ねこ。 『本物』ねこは何処に?
……うん? 左の茂みからおいでくださいました。

 

 

ファイル00003ファイル00002
この堂々たる御姿。

 

 

ファイル00005

本日の朝食も、人間が丹精込めて作らせて頂きました。

 

 

ファイル00006
猫さま「今朝のモーニングもなかなか美味だったわ。」
下僕「ははっ、有り難き幸せ。」

 

 

ファイル00007
今日もお美しいですね、猫さま。

 

 

ファイル00008
ト、トイレの扉前ですぞ!
動じぬ。錆ぬこ様。

 

 

ファイル00009

う〜ん、ワイルド。

 

 

ファイル00010

ふち猫さま。

 

 

ファイル00012

猫さま「で?もふもふするの?しないの?」
下僕「はっ、では失礼して・・・。」

 

 

ファイル00013

パリコレならぬ、にゃんコレ①

 

 

ファイル00014 にゃんコレ②

 

 

ファイル00015 にゃんコレ③

 

 

ファイル00016見返りイケメン猫さま。

 

 

ファイル00017
にゃんコレ終了。お疲れっした〜

 

 

ファイル00018良い〜庭ですね〜。今日の建物探訪は〜・・・(以下自粛)。

 

 

ファイル00019
アンモニャイト。

 

 

ファイル00020タダでモフモフするなんて。そんな訳ないでしょう。合計2,222円分、募金しました。
募金後、寺務所にて御札等をいただき、私用のため次の街へ。

 

 

ファイル00021
下僕が全力で守りたい。猫さまのこの笑顔。

 

【本日の下僕の心得】

一つ、猫愛二背キ間敷事(猫さまの愛に背くことなかれ。)

一つ、勝手二モフ弍致不可(勝手にモフモフ致すことを許さず。)

※新選組 局中法度書より抜粋でございます。

 

 

【記事を書いた下僕】

NewsPicks   山本

 

本記事は意図的に地名を明記しておりません。 猫を捨てても良い場所だと「勘違い」する一部の「人間」を考慮しました。 何卒よろしくお願い申し上げます。

この記事にコメントをする

 - 猫画像(その他)