NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

猫をモフりたい。ただそれだけのド直球な作文。

      2016/06/29

今、僕は猫をモフりたい、ふわふわでほわほわの猫をモフりたい。

その猫を、あの黄金色の太陽で、毛皮がアツアツにならないていどにあさく、ひなたぼっこさせて、顔をうずめたい。

そして両手ではアクセントに、肉球をぷにぷにとつつきたい。

S__4431885

僕のこだわりで猫のモフモフは、天然のにおいでいただきたいのだ。

ここは、あえて邪道とおもえるような、シャンプー無しでいただきたい。

猫のお腹は、そのまま顔をうずめたい。けものくささが鼻の中であばれだすからだ。

猫をモフる音が聴きたい。「モフモフモフ」なんとエンドルフィンを脳内分泌させる音なのだろうか。

IMG_1917

今、教室で作文をかいているが、そんなことほっといて、学校の門をとびこえ、にげだし、猫カフェのお店にかけこみたい。

そしてたらふくと、猫をモフりたい。服が毛だらけになったら、一回コロコロで服をリフレッシュさせたら。

また、猫をモフりだしたい、むがむちゅうに猫をモフりたい。

猫は、すごい生き物だ。こんなにも人のあたまの中を猫一色にさせる魅力があるのだから。

そして最後に、今、これだけは言いたいことは、三毛猫をモフりたい!!

S__54460420

 

参考:大阪・茨木西高校 生徒の作文

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - 猫画像(その他)