NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

8時だョ!猫、全員集合『NyasPicks Weekly Briefing』vol.14 -NyasPaper-

      2016/05/24

x9FbChbh

NyasPicks Weekly Briefingでは猫さまのビジネス・経済、猫さまのメディア・コンテンツ、猫さまのワークスタイル、猫さまのデザイン、猫さまのスポーツ、猫さまの中国・アジアなど分野別に、1週間の注目ニャースをピックアップ。月曜日は、NewsPicks内でNyaされた記事やコンテンツのニャンキングを集計し発表。今回は8/2(日)〜8/08(土)までのNya数トップ10と、それに付随したコメントを紹介する。※Nya数は8/09日(日)集計時の数値です。

Nya数ニャンキング(総合)

1位・72nyaNewsPicksの神の手の主は勤務交代制なのか?
2位・66nyaローエンド人材がジ・エンドにならないためのNewsPicksでの立ち振る舞い
3位・48nya8時だョ!猫、全員集合『NyasPicks Weekly Briefing』vol.13
4位・44nya【最重要】今日8月8日は『世界ネコの日』だぞーーー!! ネコ様を思ってお祝いしようぜ!
5位・41nya2年間飼った猫が逃げて「別の人」に飼われていた――本当の飼い主はどちら?
6位・30nya【画像】大量の猫ちゃんが壁際にはりつく現象が発生!原因はもちろん : オタクニュース
7位・27nya夏、猫が軽トラに乗るとこうなるよ(動画)
8位・26nya『おれはねこだぜ』に学ぶ思考停止に陥るパターン
9位・25nyaApple Musicで聴ける猫ソング10選
10位・23nya8月8日は世界猫の日

今週の1位は:NewsPicksの神の手の主は勤務交代制なのか? でした。その存在がまことしやかに囁かれている神の手。神の手研究の第一人者、独苦田亜 須魔亜斗が観測を続けたところ、猫の手の介入の痕跡が発見され猫学会は大荒れの模様となりました。
当記事を含め、今週は6つのNyasPaper記事がランクイン。沢山のNyaをありがとうございます。

今週の4位は【最重要】今日8月8日は『世界ネコの日』だぞーーー!! ネコ様を思ってお祝いしようぜ! でした。誠に恥ずかしながら世界猫の日を存じ上げませんでした。猫さまに日頃の感謝を捧げるコメントが数多く寄せられました。Twitterでの猫祭りをまとめた8月8日は世界猫の日も合わせてご覧下さい。

今週の5位は:2年間飼った猫が逃げて「別の人」に飼われていた――本当の飼い主はどちら? でした。アメリカにて、猫さまへの下僕権を巡って裁判が行われるという事件が起こりました。猫さまに飼われる権利というのは人間だれしも欲しがるもの。引っ張りだこの猫さまのために、新しい法整備というのも必要なのかもしれません。

 

これらの記事よりコメントを抜粋して掲載致します。

えぶりでい猫月猫日猫曜日!もちろん毎年猫年で、猫世紀!(パルック)
365日毎日猫の日。(Kenji Kasakawa)
ネコ様 世界征服できますね(^∇^)Kasakawa様 すばらしい 365日 毎日ネコの日 感動の涙(みいさん)
ニャンでもない日おめでとう。毎日がニャンダフルデイズ。(kyoko)

>もちろん毎日猫さまを愛しているNPには隙はありません。「毎日がエブリディ」という言葉は猫さまのためにあります。

ネコさまバンザーイ🐱✨ 政府主催で式典の開催をお願いします🎆(じゃじゃこ)
声を大にして言いたい!!国民の祝日にすべきである!!今日こそ猫への態度を悔い改める日なのだっ!!普段の扱いを懺悔せよ!!そして全ての猫に人権をっ!!ん?(tantan)
葉っぱの日なので、猫草をあげますニャン。(Market Watcher)
ラインの画像ネコ様にした(加藤 拓巳)
夏だし涼しげな水菜を食べたいニャン。ってうちの子が言ってた。(木村 夏帆)
とりあえずねこあつめでもしよう。(Ito Yukari)
先日、22才半で亡くなった実家のにゃんこのお墓参りに行ってきます。(かなえ)
にゃんとまあ、おめでたい。近所の野良猫ちゃんに氷でも差し入れしようか。のらちゃんには、暑くて大変な季節だから。。(Oikawa Yuko)
よし!我が家の猫様に干しカマ買って帰るか!(たぐ りん)
>下僕精神をよく訓練された人間ばかりで素晴らしいにゃん。

「とりあえずネコのために何かをする日」
➡どうしましょう!?何しようかなー。
猫ピッカーの皆さん、いつも大変お世話になっております。これからもどうぞよろしくお願いいたしますにゃん(*^^*)ハグハグ。(Ishida Reiko)

>ふみゃ〜 ゴロゴロ

 

猫に対する所有権など、人間のおこがましさにも程がある。猫に自由権を認める憲法の解釈変更と民法改正が必要。(もっと自由な ピッカーを)
司法の欠点はニャン事訴訟がないことだニャン。と猫さまは仰っている。(伊藤 ユータ)

>NYALDsという団体を作ってデモでもやりたいものです。

ニャーが決めるにゃん(Market Watcher)
密かに飼い始めちゃダメでしょ(ヾノ・∀・`)猫が住みたいほうで。(Inagawa Hiroaki)
両脚を引っ張って先に手を離した方。(抹茶ぬこ)

>実際は「どっちでもいいにゃ〜」って感じかもしれませんね。

 

 

週間Nya獲得ニャンキング

※()内は先週の順位
1位・292Nya :独苦田亜 須魔亜斗 (2位)

NewsPicks   独苦田亜 須魔亜斗4

2位・239Nya:ともっくす (1位)

NewsPicks   ともっくす

3位・198NyaWada (6位)

NewsPicks   Wada

4位・179Nyaみいさん (3位)

NewsPicks   みいさん

5位・130NyaKenji Kasakawa (5位)

NewsPicks   Kenji Kasakawa

6位・129Nyaじゃじゃこ (4位)

NewsPicks   じゃじゃこ

7位・121Nyakyoko (10位)

NewsPicks   kyoko

8位・117Nya寒暖コアラ (―)

NewsPicks   寒暖 コアラ

9位・114Nyaパルック (―)

NewsPicks   パルック

10位・113Nya鈴木 昭真 (8位)

NewsPicks   鈴木 昭真

編集後記

今週も『NyasPicks Weekly Briefing』をご愛読頂けましたこと誠に感謝申しあげます。担当編集のともっくすです。

 

101匹ねこあつめコーナー


毎週続々と猫さま画像が集まってきており、ありがたい限りです。今週も読者の方々から送っていただいた猫さま画像を紹介致します!

 

はじめにワカサ タクヤさんから頂いた猫さまです!

mHuO6hsl
(野良猫 画像提供:ワカサ タクヤ様)

ワカサさんのお住まいの近くにある山、函館山に住んでいる野良猫さま。名付けた名前はズバリ、函館山猫。

山の中では他の猫さまに遭遇することはあまりなく、いつもこの猫さまばかりを見かけるそうです。一匹狼を貫いている猫さまなのでしょうか。

言われてみれば、一匹でも生き抜いていけそうなたくましさ、ワイルドさで溢れております。色々想像していましたら、はるか昔よりこの山を守る、函館山の守り神のようにも見えて来ました。

画像提供、誠にありがとうございました!

 

続きまして、Sawamura Kei様からご提供頂いた、飼い猫さま達4匹の写真でございます!

vjLQ_HQq
(茶トラ:だんご)

x_5uI74b
(茶トラ:きなこ)

9A9_5hrL zaSJJShG

 

楽園や!!

 

x9FbChbh
(シャム猫 大:シロ 小:だいふく)

daU4XKL3 ql_pjGTE
(以上6枚 画像提供:Sawamura Kei様)

 

ヘヴンや!ヘヴンがここにあるで!!!

 

これが取り乱さずにいられるでしょうか。毎日家に帰るたびに、この猫さま天国が待っているだなんて。お名前も、だんご、きなこ、だいふくと、どの子もおいしそうです!まさにヨダレが出るほど可愛らしい猫さま達。私、Sawamura家への養子の申請をしたいと思いますので、何卒ご一考お願い致します。

画像提供ありがとうございました!

 

101匹ねこあつめ 19/101匹

 

寄稿記事を頂きました


さて、本日は岡 昌之様よりNyasPaperへの寄稿記事を頂いております。寄稿記事第1弾です。誠にありがとうございました!岡さんの記事は、本記事内でご覧頂きたいと思います。

キリスト教のバイブルといえば。そう、もちろん猫さまによって書かれた新ニャク聖書ですね。その中で猫さまが地位を下げるように仕向けた、豚さん達の真の姿とは・・・?

本日のNyasPicksは、そちらの記事とともにお別れしたいと思います。

それでは、See you nyaxt week!

 

 

小判もいいけど真珠もね!


新ニャク聖書の猫又イ伝第7章には、次のような有名な言葉があります。

「聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。恐らく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたに噛みついてくるであろう」

犬と豚を引き合いに出して猫の高貴さ、他の動物には見られない審美眼の高さなどを表したと言われる一文です。(ちなみに日本には「猫に小判」という簡潔にして深淵な言葉があり、豚に真珠と同じ意味として近年誤用されることが多いのですが、本来は「誇り高き猫は損得勘定で動かない」という意味ですのでご注意を)

 

(正しい使い方)

A「ニャン吉、大間の本マグロ猫缶を月10食のオファーを蹴ったらしいぞ」

B「なんと!まさに猫に小判だなあ」

とにかくこの「聖なるものを~」の一文のおかげもあってか、世界の少なくない地域では、犬と豚は蔑まされた存在となってしまいました。

でも、なんだかおかしいですよね?

犬に何かを投げたら、怒ってこちらに向かってくることはあるかもしれないですが、豚に真珠を投げたところで、彼らは全く意に介さないはずです。ましてや襲い掛かってくることなどあるでしょうか?

いにしえから現代までに伝わるような言葉には、何かしら深い理由や巧妙な意図が潜んでいることがあると多くの研究者は指摘しています。あの有名な一文にも同じことが当てはまるとしたら、いにしえの猫たちはいったいどんな意図をもってあの言葉を後世に残そうとしたのでしょうか?

私はそれを求めて永らく世界を旅していたのですが、その答えのヒントはインドネシアのバリ島にありました。この小さな島には、猫さま以上に親しまれ愛されている動物がいたのです。それは、豚。

1

グリーンスクールの豚たち

かつて“世界一狂おしい種族”の座をめぐり、潜在的ライバルとして猫族に恐れられていた豚たち…。聖書にあの一文を記したことにより、猫族の狙いは思惑通りに進んだかのように見えました。

でも、バリ島だけには猫の手が届かなかったようです。猫さま以上に豚ちゃんたちが人々に愛されている島バリ。その愛らしい豚ちゃんたちをご覧ください。

2

グリーンスクールの豚たち

こちらは生まれたての子豚ちゃん。まだ目がしっかり開いていませんが、よちよちと歩き回ります。たまに自分の影に驚いたのか小躍りする姿がとってもキュート。

ちなみにグリーンスクールに住んでいる豚ちゃんは、黒いボディがワイルドなバリブタです。バリで昔から暮らす種のようで、一般的にみられるピンクの畜産品種のブタよりも美味しいとのこと。

3

グリーンスクールの豚たち

誇り高きバリブタたちは社会性の強い種族で、幼い頃から上下関係にもうるさいようです。おっぱいを飲んでいる頃から序列作りに余念がありません。

厳しい生存競争を生き抜いている豚ちゃんたちを“怠惰”の象徴のように扱い、“何も考えずぶくぶくと太ったヤツ”の比喩として豚ちゃんの名を持ち出す人間が悲しいほど多いのですが、まったく現実が見えていないとしか言いようがありません。いにしえの猫の作戦にまんまとはまり、肉球の上で転がされていることに気が付かない人のなんと多いことか!

4

グリーンスクールの豚たち

豚ちゃんたちは泥んこ遊びが大好き。いっしょに泥まみれになりたくなる衝動に駆られること間違いなし。ここグリーンスクールでは人間たちも泥んこになって遊ぶ授業がありますが、それは豚ちゃんたちから学んだことだと言われています。

ちなみにバリ島では、男衆の間で豚ちゃんは神聖視され崇められていることも忘れてはいけません。バリの新年を祝う祭りのために、前夜祭にはこのような巨大な豚が島をパレードします。

リアルな生殖器に注目です。豚ちゃんの“絶倫ぶり”は、島の男たちに畏敬の念を抱かせ、憧れの対象となっています。夫婦円満、子孫繁栄、生涯現役…、いにしえから変わることのない男たちの切なる願いを豚ちゃんたちは背負ってきました。

豚を笑う者に未来はない…

と言っても過言ではないでしょう。

5

オゴオゴコレクション2015

愛くるしい姿で多くの人を和ませ、その繁殖能力の高さで尊敬の対象となってきた豚ちゃんたち。そんな豚ちゃんたちの最大の役割と言えば、そう、食されることです。

バリの冠婚葬祭には豚の丸焼き「バビ・グリン」が欠かせません。人々が集い、気持ちを一つにするような場には豚ちゃんが欠かせないのです。“生”への感謝を皆と共有するという、社会を成り立たせる通念を形成する重要な場面にまで豚ちゃんは登場し貢献してきました。。

6

グリーンスクールの豚たち

そんな偉大な豚ちゃんたちに、幸多からんことを。そして、

いただきます

 

[寄稿者情報]

NewsPicks   岡 昌之
NewsPicksで岡 昌之さんをフォロー

 

※NyasPicks Weekly Briefing(ランキング編)は、毎週月曜日に掲載予定です。

SmartHospitalLINEで猫の画像を送りつける

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - NyasPaper編集部のネタ