NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

(=^・^=)8時だョ!猫、全員集合『NyasPicks Weekly Briefing』vol.32

      2016/05/24

CVyIYa6VEAIlwlT

NyasPicks Weekly Briefingでは猫さまのビジネス・経済、猫さまのメディア・コンテンツ、猫さまのワークスタイル、猫さまのデザイン、猫さまのスポーツ、猫さまの中国・アジアなど分野別に、1週間の注目ニャースをピックアップ。月曜日は、NewsPicks内でNyaされた記事やコンテンツのニャンキングを集計し発表。今回は12/6(日)〜12/12(土)までのNya数トップ10と、それに付随したコメントを紹介する。※Nya数は12/13(日)集計時の数値です。

Nya数ニャンキング(総合)

1位・61nya「かわいくない」という理由で殺処分される 保護猫とペット産業の闇について
2位・55nya(=^・^=)8時だョ!猫、全員集合『NyasPicks Weekly Briefing』vol.31
3位・29nya猫の柄の覚え方
4位・24nyaInstagramはやっぱり#猫、2015年の人気タグ
5位・23nya15匹の猫がの〜んびり “猫神社”梅宮大社に行ってみた
6位・21nyaネコ界の事件は風呂場で起こっている12選 – CuRAZY [クレイジー]
7位・18nya空軍基地の放し飼いチーター、女性兵士を襲う 南ア
7位・18nya世界で一番忍耐強い猫。10年間毎日、飼い主の帰りを停留所で待つアケさん(オランダ) : カラパイア
9位・17nya思う存分くんかくんかできるぞー! フェリシモ猫部から「猫のおでこ」の香りのファブリックウォーターが発売
9位・17nya空前の猫ブーム 猫は犬より幸せホルモンが分泌されると報告

今週の1位は「かわいくない」という理由で殺処分される 保護猫とペット産業の闇について でした。下僕と猫さまの出会いの場としてのペットショップは私達にとって身近な存在でありますが、多くの問題をはらんでいることも事実です。不幸な猫さまを生まないために、下僕がどこまで介入するのかを考えて行かなければなりません。

今週の3位は猫の柄の覚え方 でした。猫さまの毛並みの分類については下僕が覚えておくべき必須事項であり、大変参考になる記事です。また、覚えた知識が吹き飛ぶほど可愛らしいブログ主の猫さまにも注目の記事です。

今週の4位は、Instagramはやっぱり#猫、2015年の人気タグ でした。世界を席巻するSNSの中で頂点に立つ猫さま。技術やサービスがどれだけ移り変わっても、猫さまの人気は不動です。これは正に、世界は猫さまを中心に回っている証拠であると言えましょう。

 

上位記事より以下、コメントを抜粋して掲載致します。

「かわいくない」という理由で殺処分される 保護猫とペット産業の闇について
ペットブームの裏側では悪徳ブリーダーや動物虐待、殺処分の問題も後を絶ちません。猫が病気だとわかった途端に捨てられたり、耳が垂れていないスコティッシュフォール...

「病気が発症した猫を捨ててしまう人もいる」「耳が垂れていないという理由で殺処分されるスコティッシュ」まったく理解できませんな。うちのネコさまは、猫トリコモナスという病気のキャリアーです。ペットショップで売られていたときにこの病気に感染したため、同種のネコとしては非常に安い値段で販売されていました。我が家に来てからも下痢の症状があったために、しばらく薬を飲んでいました。この病気は一度感染すると生涯キャリアーとなるため、今でもときどき便がゆるいことがあります。当然、飼育の手間は普通のネコよりかかりますが、私は特に気にしていません。病気もそのネコの個性として認めてあげることが必要ではないかと思います。(じゃじゃこ)
>じゃじゃこ様がプロ下僕であることが分かる、素晴らしい主張です。ファッションで飼っているのではなく、命に向き合う下僕の鑑であることが良く分かりますね。

↑売れ残りで、安値で売り叩かれていたのを買ってきたにゃん。かわいいにゃん。(猫286)
うちの夏子は野良から生まれたが、美人に育った。(Market Watcher)
うちの捨て猫はぶさいく猫で捨てられてた。性格はめっちゃいい奴。(ナル タント)
>可愛いから愛情が生まれるのではなく、愛情を注ぐから可愛く見える、可愛くなるということなのでしょう。

かわいくないのは捨てる人の心です(Wada)
>動物愛護団体の標語にすべき、名言だにゃん。

Instagramはやっぱり#猫、2015年の人気タグ
続々でてくるSNS系の2015年振り返りコンテンツ。Instagramが、日本で今年人気のあったス...

#犬(Sakamoto Takayuki)
>犬は第6位です。残念ですが、猫さまの足元にも及びませんな!

猫さま見たさにInstagram始めようか、本気で迷い中。(kyoko)
>まずはじゃじゃこ様のInstagramからチェキラ!

ネコ系のスポットがいつかネズミ系を超えて欲しい。それが自然。(ねこ丸【ゲス】 (Gi―Nou―Min))
>確かに仰る通りです。世界的に人気があるあのテーマパークが、猫さまではなくねずみの国であることは、世界7不思議の一つでありましょう。

週間Nya獲得ニャンキング

※今週のTOP10記事内のLIKE数を集計
※()内は先週の順位

1位 164Nya:ともっくす (1位)

NewsPicks ともっくす

2位 133Nyaみいさん(3位)

NewsPicks みいさん

3位 117NyaWada (2位)

NewsPicks Wada

4位 93Nya:独苦田亜 須魔亜斗 (9位)

NewsPicks 独苦田亜 須魔亜斗

5位 88Nyatahara【TANPAN】 (7位)

NewsPicks tahara【TANPAN】

6位 83Nya:じゃじゃこ (5位)

NewsPicks じゃじゃこ

7位 66Nyaあにゃまる (4位)

NewsPicks あにゃまる

8位 64Nya:kiyoshima hideto (8位)

NewsPicks kiyoshima hideto

9位 50Nya:ねこ丸【ゲス】 (Gi―Nou―Min) (6位)

NewsPicks ねこ丸【ゲス】 Gi―Nou―Min

10位 43Nya:Market Watcher (―)

NewsPicks Market Watcher

編集後記

今週も『NyasPicks Weekly Briefing』をご愛読頂けましたこと誠に感謝申しあげます。担当編集のともっくすです。

101匹ねこあつめコーナー


今週も読者の方から頂いた猫さま画像をご紹介!

今週は、Market Watcherさま宅の夏子さまの独占コーナー、夏子スペシャルをお送り致します!

 

CVyDYWgU8AA2ths

嗚呼、夏子さま。本日もお美しい限りでございます。くりっとして、吸い込まれそうな美しい黒い瞳。この瞳で見つめられたら、夏子さまのこと以外何も考えられなくなるでしょう。下僕の心が洗われる、素晴らしい一枚です。

 

CVyE3ZSU4AADVv8

嗚呼、箱入り娘の夏子さま。夏子さまの胸元とあんよは、雪見だいふくのように清らかで美しく、そしておいしそうです。夏子さまを巡る競争が世界中で起きてもおかしくないでしょう。下僕の自己向上意欲を駆り立てる、すばらしい一枚です。

 

CVyEK27VEAApBLT

嗚呼、夏子さま。モフモフのお腹をさらけ出し、下僕を誘惑するそのポーズ。触る許しを下さったように見えて、手を差し出すとお怒りになるのでしょう。それでも下僕は触らざるを得ないのです。下僕のチャレンジ精神を育む、素晴らしい一枚です。

 

CVyFrgYUsAAr9Nb

嗚呼、夏子さまに甘噛みされ、絶妙な痛気持ちよさを堪能し恍惚な気分に浸りたい。決して指を傷つけない加減の甘噛みによって、下僕は夏子さまの愛情を実感することになるのでしょう。下僕のドM心を覚醒させる、すばらしい一枚です。

 

CVyG_c7U8AAOb46

嗚呼、貴族の雰囲気を醸し出しながら毛づくろいをされる夏子さま。そんな夏子さまを一日中眺めていたい。そしてあわよくば人差し指をそっと差し出し、ザラザラの舌で褒美のペロペロを賜りたい。全米の下僕が泣く素晴らしい一枚です。

 

CVyIYa6VEAIlwlT

嗚呼、夏子さまの無防備なポーズ、そして胸元と両あんよの間に作られた絶対領域。その絶対領域にそっと指を差し込み、全方位に囲まれたモフモフを堪能したい。下僕に生きる活力を与える素晴らしい一枚です。

 

CVyJzvsVEAQRTmZ

嗚呼、太く逞しく、それでいてしなやかさのある夏子さまの尻尾。その尻尾のそばに私めの顔を差し出し、尻尾で往復ビンタをして喝を入れて欲しい。夏子さまが尻尾を振る度に、下僕の心も振り回されるのです。下僕の信仰深さを再確認させてくれる素晴らしい一枚です

 

夏子さまスペシャルは、以上です。そして、僕がMarket Watcher様にお伝えしたいことはただ一つです。

Market Watcher様。娘さんを僕に下さい。

 

画像提供、ありがとうございました!

101匹ねこあつめ 78/101匹

 

編集長雑記:NewsPicks モンハンクロスオフ会レポート


先日、NewsPicksの東京オフ会が開かれ、大盛況だったようです。

東京NewsPicksオフ会お疲れ様でした!楽しかったですー! : 東京ドワーフ
本日はNPユーザー主催のNP忘年会&クリパに行ってきました。ぼくはまだNPを始めてから2ヶ月ほどの新参だったんですが、知ってる人も知らない人も色々話せて楽しかったで...

 

しかし、僕は敢えてこの会に、苦言を呈したいと思います。

いつまで前時代的なオフ会で消耗してるの?と。

 

オフ会会場まで移動し、そこで落ち合う。そんなものは、縄文時代だって可能な方法です。縄文時代の人々だって、隣の部族と、太陽の位置を元にした時間と、大人数でも収容可能なほら穴の場所を決め、マンモスの肉を持ち寄って落ち合い、パーティを開いていたに違いありません。そんな時代から何も進化していない。今は21世紀ですよ。

そのような原始的な手法では、会場までの移動時間という人生においての多大なロスや、会場から遠い場所に住んでいる人は参加が難しいという制約が生まれます。意識が高い集まりのNewsPicksと言えども、情報弱者ばかりが集まっているようです。

 

21世紀に入り、あの誰もが知るゲーム会社・カプコンは、画期的な技術を開発しました。その名も、電脳オフ会システム

電脳世界にそれぞれの分身を生み出し、その分身と意識を共有させる。そして、距離・時間の制約無しに、遠く離れた人同士が電脳世界で一瞬で落ち合うことが出来るのです。まさに未来。ドラえもんも驚く高等技術です。

今回は、そんな情報強者達が集まった、モンスターハンタークロスの世界でのオフ会のレポートをお届けします。

 

時は2015年12月13日午後7時。まずは3DSとSkypeという情強御用達のツールを用い、3人のプロハンター達が電脳世界で落ち寄った。

 

koara  so-suiともっくす

「一狩り行こうぜ!」

 

さっそく、電脳世界に蔓延る大型モンスターを倒しにいく。モンハンシリーズは今までのものもやり尽くしている3人。難なくモンスターをバシバシ倒していく。手は常に動かしているが、楽勝すぎてむしろ暇である。

そんな暇を持て余し、NewsPicksの前時代的オフ会にも参加したそーすい氏の話で盛り上がる。

 

so-sui
「皆さんすごくいい人で、めちゃくちゃ盛り上がりましたよ!いや〜楽しかったです!」

ふ、ふ〜ん!ま、まぁ前時代的なしょぼいオフ会でも、ちょっとは楽しかったようである。モンハンオフには負けますがね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回のモンスターハンターは、人間であるハンターの他に、猫さまのアイルーというキャラを操作して参加することが出来る。

そんな猫キャラでずっと参加していたコアラ氏が何やら叫んでいる。

koara
「やっぱ猫だと防御力とか紙で使えねーわ!カス!人間に変えてくるわ!」

これはきっと、か弱い猫さまを戦闘で傷つけたくないというコアラ氏の思いやりに違いない。やっぱりいい人だなぁ、コアラ氏は。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1時間ほどして、新たなプロハンターが参入する。

shibayama
「スマン、遅れました!今から参戦します!」

 

プロハンターの他に、NewsPicksのプロピッカーも兼任している柴山氏である。

まぁプロピッカーと言えども、その威厳はモンハンの世界では何の力も持たず、我々と同等である。大してへりくだる必要は無い。

ところが、3人は驚愕する。後から変更が出来ず、本名と同じぐらい重要なハンターネームに付けている名前が、NPでの愛称であるきゃばやまである

koara  so-suiともっくす
「どんだけその名前気に入ってんだ!!」

 

やはり柴山氏は只者ではない。これからはきちんと敬意を込めて、やはりキャバ山氏と呼ばねばならないだろう。

IMG_2040 IMG_2039

 

キャバ山氏は、やはり初対面でもあるコアラ氏が相当気になっていた様子だった。

shibayama
「やっぱりコアラ、普通にいいやつだし、まともだわ〜。良かった良かった。」

koara
「おいやめろ!いつの間にか、実はいい人っていう噂が広まって、迷惑してんだよ!NPとかで広めんじゃねぇぞカス!!」

初対面で分かるほどいい人なのに、シャイなコアラ氏はそれを広められたく無いらしい。皆、絶対に広めないように!

 

3人で余裕だった狩りは、4人集まればさらに余裕さを増し、NPの話などで会話が盛り上がりながら、ゲーム画面はほぼ無意識でモンスターを狩りまくる4人。

そんな狩りは約3時間も続き、午後10時にようやくお開きとなった。

koara  so-suiともっくすshibayama
「まだまだ狩りたらんな!!またやろーぜ!!」

 

こうして近代化に適応した情報強者は、電脳世界での交流を深めていくのであった。

 

See you nyaxt week!

 

本記事のNewsPicksコメント欄はこちら

SmartHospitalLINEで猫の画像を送りつける

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - NyasPaper編集部のネタ