NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

(=^・^=)8時だョ!猫、全員集合『NyasPicks Weekly Briefing』vol.37

      2016/05/24

S__9019396

[toc]

Nya数ニャンキング(総合)

NyasPicks Weekly Briefingでは猫さまのビジネス・経済、猫さまのメディア・コンテンツ、猫さまのワークスタイル、猫さまのデザイン、猫さまのスポーツ、猫さまの中国・アジアなど分野別に、1週間の注目ニャースをピックアップ。月曜日は、NewsPicks内でNyaされた記事やコンテンツのニャンキングを集計し発表。今回は1/10(日)〜1/16(土)までのNya数トップ10と、それに付随したコメントを紹介する。※Nya数は1/17(日)集計時の数値です。
順位 Nya数 タイトル
1位 74Nya (=^・^=)8時だョ!猫、全員集合『NyasPicks Weekly Briefing』vol.36【Nyas】
2位 48Nya 武田玲奈(18)の猫グラビアがたまらん!細い美脚がエロすぎる!
3位 41Nya 死にたいと漏らしていた若者が猫を飼った途端に生きる意味を見つけた話
4位 27Nya 東京都豊島区で、207匹の猫の里親を募集中
5位 25Nya 抱きしめたくなる猫の背中
6位 24Nya 猫が変な形になっていた。何をしているのかと思ったら…すごい!
6位 22Nya 2週間で5千人来場した「ねこ休み展」が再び イケメン猫など新顔も
8位 20Nya 猫の忍者、見参!
9位 19Nya 何度追い出されても毎日スーパーにやってくる猫。その努力の結果…! 7枚
10位 16Nya 猫が乱入、マルティネスが獲得狙う? 「キレのある動きだった」【超ワールドサッカー】

今週の1位は(=^・^=)8時だョ!猫、全員集合『NyasPicks Weekly Briefing』vol.36【Nyas】 でした。センター試験が終わりましたね。前回のNyasPicksにて紹介した、センター試験猫式対策法をちゃんと実践した受験生は、きっと良い結果がでたのではないかと思います。受験生がチェックすべきメディアナンバーワン、NyasPaper!

今週の2位は武田玲奈(18)の猫グラビアがたまらん!細い美脚がエロすぎる! でした。安心して下さい、猫さま記事ですよ。

今週の3位は、死にたいと漏らしていた若者が猫を飼った途端に生きる意味を見つけた話 でした。猫さまに関する感動秘話は、際限がありませんね。人生、辛いことも色々あります。しかしそんな辛い気持ちは、猫さまが全て癒やしてくれるのです。うつ病にかかってしまった人は、心療内科よりも、猫カフェに通うべきなのかもしれません。

上位記事より以下、コメントを抜粋して掲載致します。

14801595249_e6da7c964e_h(=^・^=)8時だョ!猫、全員集合『NyasPicks Weekly Briefing』vol.36
Nya数ニャンキング(総合)NyasPicks Weekly Briefingでは猫さまのビジネス・経済、猫さまのメディア・コンテンツ、猫さまのワークスタイル、猫さまのデザイン、猫さま...

猫派じゃないけど、猫もいいかなー、という気がしてきた。(カトウ ヨシヒコ)
>いいかなーじゃねえよ、ヨシヒコ。ヨシヒコニャンという名を貴殿に授けよう
Nyascoin×500

キットカット猫様バージョンで最強に(Akasaki Nobuko)
>ネスレCEOのコメント待ち
Nyascoin×5000

鍋オフ希望(Nishimoto Keiko)
>幹事希望
Nyascoin×1000

去年あたりから注目してるので活躍してほしい。(ねこずき たろう)
>奇遇ですね。私も去年あたりからこの猫には注目してます
Nyascoin×2000

コアラの削除理由記事との違いがわからん。運営はこの記事をピックしたやつのアカウントをコアラと同じように削除しなければ、運営不信につながる。(Sagara)
>違いですか?武田玲奈である以外何か他に理由がありますでしょうか。もう少し勉強してくださいね。
Nyascoin×-10000

ヤンジャン。雑誌モデル-漫画雑誌/グラビア-テレビタレント-女優っていうゴールデンパターン初期。僕は桐谷美玲が大好きですが、武田玲奈も可愛いですよね。猫っぽくて(Saito Katsuya)
>勝利の方程式ですね。女優として留まるか、才覚を見出して経営者となるか、芸能界への未練からAV女優になるか?ここも注目です。
Nyascoin×5000

死にたいと漏らしていた若者が猫を飼った途端に生きる意味を見つけた話
政治、経済、一般社会とあらゆる局面で悪いニュースが続く中で久しぶりに明るいニュースだ。Twitterで「死にた…

そもそも何に悩んでたんでしょうか?うつ病で自殺する人は死にたい気持ちと生きたい気持ちを両方持ってるとか。自殺を防げた事はすばらしいですね。(いしはら あるく)
>何に悩んだかは分かりません。ただ確かなことは、猫が悩みを解決したってことだけです。
Nyascoin×3000

目的がはっきりすれば、精神的に楽になる。(池田 Suiyo)
>猫がいれば、肉体的にも楽になる。
Nyascoin×2000

※Nyasコインの総計は月末に掲載します。

101匹ねこあつめコーナー

今週も読者の方から頂いた猫さま画像をご紹介!

今週は、Ne_Kozuka_N 【ねこずかん】さんから頂いた猫さまです!

 

S__9019394

S__9019398

お寺の縁側でくつろいでいる白猫さまです。

この神々しい雰囲気。お寺や神社と猫さまは、不思議と雰囲気がぴったりですよね。その理由は恐らく、目をつぶって細目になっているまま、ジッと瞑想しているようなたたずまいをしているからでしょう。日本人の美意識、わびさびを最も体現できる生き物といえましょう。

 

S__9019396

ところでこの写真、デジタルカメラではなく、フィルムカメラでの撮影だそうです。デジカメ全盛期の中、こだわりのフィルムカメラで猫さまを撮るという、なんという贅沢さ。

犬に比べて猫さまは、写真家や写真愛好家により愛されている気がします。猫専門の写真家は結構耳にしますが、犬専門の写真家ってあんまり聞きませんよね。どうしてなんでしょう。まぁ、「猫さまだから」の一言で終わりなんですが!

 

画像提供、ありがとうございました!

Nyascoin×16000

101匹ねこあつめ 87/101匹

猫画像は、TwitterまたはInstagramで「#nyaspaper」のハッシュタグを付けて提供もできます

編集後記:第2回 NewsPicksモンハンオン会レポート 〜ユーザーベースVSコアラ〜

アナリストとは、どのような存在なのだろうか。

各専門分野について、市場を分析し考察レポートを世に提供する。世の中の事象や統計、データを読み解き、マクロな視点での仮説を打ち出すスペシャリストである。

しかし、彼らの行いは、時に机上の空論になってしまっていないだろうか。データは所詮、データである。マクロ視点のみの分析を現実に落とし込んだ時、それが本当に役に立つ場面というのは、いかほど存在するのだろうか。

真に一流のアナリスト達は、マクロ視点だけでなく、ミクロの視点を大切にする。現場の声や雰囲気を取り入れるだけでなく、時には自分で実地調査を行い、市場を肌で感じる。アナリストを真の一流たらしめる要素は、そのバランス感覚なのである。

今回は、自信の専門分野であるサブカルチャー、主にゲームの世界を実際にプレイし肌で感じる実地調査を日々怠らない、そんなゲーマー一流アナリスト、ユーザーベース社のNakagawa Nozomiさんを交えた、モンスターハンタークロスオンライン狩り会のレポートをお届けする。

 

時は2016年1月11日、20時。まずは3人のプロハンター達が一同に集った。

スクリーンショット 2016-01-18 9.11.48「一狩り行こうぜ!」

 

NewsPicks ともっくす「ついに来ましたね、Nakagawaさん!今日はよろしくおねがいします!」

NewsPicks Nakagawa Nozomi「初めまして!今日はよろしくおねがいします^^」

so-sui「初めまして!Nakagawaさんって今おいくつなんですかー?」

NewsPicks Nakagawa Nozomi「今27です!」

NewsPicks ともっくす「へ〜、やっぱ同世代なんですね!」

so-sui「おー、じゃあ僕と同い年ですね!Nakagawaさん、今彼氏いるんですか?

NewsPicks Nakagawa Nozomi「えっ・・・!えーっと・・・うーん・・・」

 

初対面の軽い挨拶から開始2分、いきなりのブッコミである。

さすがドワーフ、これはドワーフ界のコミュニケーション方法なのだろう。Nakagawaさんは完全にお茶を濁す雰囲気だったので、深くは追求しないことにした。

そんな絶妙な雰囲気で、狩りを開始。プロハンターが3人も集っているので、完全にサクサクプレイである。

 

〜30分後〜

NewsPicks ともっくす「もうすぐコアラさんが来れるみたいですよ!」

NewsPicks Nakagawa Nozomi「コアラさん・・・!ゴクリ・・・」

 

そう、何かとNewsPicksでお騒がせのコアラ氏。ユーザーベース社のNakagawaさんは厳密には運営では無いものの、限りなく近い運営の人だといえるだろう。コアラと運営側の初接触。一同に緊張が走る。

 

寒暖 コアラ「おう、来たぜ!」

NewsPicks ともっくす「おっす、おつかれ。」

NewsPicks Nakagawa Nozomi「コアラさん、初めまして!」

寒暖 コアラ「ん?あぁ、Nakagawaね。まぁよろしく。」

 

当たり障りない雰囲気だが、とりあえず問題は無さそうだ。ホッと胸をなでおろし、4人でプレイを再開する。

 

しばらくして、そーすいさんが一時退室する。

so-sui「ちょっとご飯食べてきますね〜」

NewsPicks ともっくす「了解、じゃー次は3人で行きましょうか!」

 

と、ここで事件が起きる。3人でクエストに向かう際に、ともっくすのネット回線が落ちてしまったのだ。

NewsPicks ともっくす「あぁ、すいません、回線落ちました!次のやつは、とりあえず2人で行って下さい。」

NewsPicks ともっくす「ん・・・?2人で・・・?

 

 

 

――――その時

      歴史が動いた――――

 

 

 

コアラとNakagawaさんが2人で協力プレイ。すなわち、コアラとユーザーベースが、2人で協力プレイである。

もう一度言う。コアラとユーザーベースが、2人で協力プレイである。

寒暖 コアラ「ん?このモンスター、初期エリアどこだっけか?」

NewsPicks Nakagawa Nozomi「多分エリア5じゃなかったですかね!」

寒暖 コアラ「よし、状態異常にしたから、ぶちかましてくれ!」

NewsPicks Nakagawa Nozomi「大技、属性解放斬り、出しちゃいますね!」

 

この絶妙なタイミングで、もう一人のプロハンター兼NewsPicksのプロピッカー、きゃばやまさんが登場する。

shibayama「おっす、遅れました、参戦します!」

shibayama「え、コアラとNakagawaさんが2人でやってるの?何があった?」

 

驚くのも無理は無い。僕らはこの夜、歴史の目撃者となった。

 

IMG_2082 IMG_2083

【コアラ&プロピッカー&ユーザーベース、夢の共演(EsperanzaがNakagawaさん)】

 

この協力プレイで距離が近づいたのか、2人の間には朗らかな空気が出来上がる。

 

寒暖 コアラ「お前らNP、NPって、ほんとNP大好きだよな」

NewsPicks Nakagawa Nozomi「何言ってるんですか、ホントは自分も大好きなくせに!ww」

 

寒暖 コアラ「あれ?ちょっと俺の声遠いか?」

NewsPicks Nakagawa Nozomi「ちょ、コアラさんの声遠いんですけど、これは回線のせいですか?それとも心の距離のせいですか?ww」

Nakagawaさんがコアラに突っ込み、コアラはうろたえるばかり。この勝負、ユーザーベースの勝ちのようだ。楽しみすぎてテンションマックスのNakagawaさんのお陰で、狩りと会話はかなり盛り上がっていた。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

NewsPicks ともっくす「それにしても、最近コアラさん、NPでの暴君っぷりが蘇ってるよね。なんかあった?」

寒暖 コアラ「最近、俺のこといい人いい人っていうポジティブキャンペーンがうざくてしょうがないんだよな!だから俺の本性を知らしめるべく、本来のスタンスを貫き通してる!」

 

ともっくすはこのコアラ氏の言葉を聞いて、ドラゴンボール・魔人ブウ編 魔道士バビディに魂を売り渡した、ベジータの言葉を思い出していた。

オレは・・・・・・・・昔のオレにもどりたかったんだ!!!!残忍で冷酷なサイヤ人のオレにもどってなにも気にせずきさまと徹底的に闘いたかったんだ!!!!
気に入らなかった・・・知らないうちにきさまたちの影響をうけてお・・・おだやかになっていく自分が・・・・・・
オ・・・オレともあろうものが家族を持ち・・・わ・・・わるくない気分だった・・・居心地のいい地球もスキになってきてしまっていたんだ・・・・・・

全くもって、シャイなコアラである。

 

NewsPicks Nakagawa Nozomi「暴れるのも、ほどほどにして下さいね!度が過ぎると、私達にとっても、ユーザーの方を守りきれなくなってしまいますので!

寒暖 コアラ「あぁ、わかったわかった!」

 

全くもって、仰る通りである。少しでも暴君コアラの心に響けばいいのだが。

そんなこんなで、約3時間にわたる狩り会は終了となった。またの再会を誓い、解散となった。Nakagawaさん、皆さん、ありがとうございました!

スクリーンショット 2016-01-18 16.07.48「楽しかったー!また一狩り行こうぜ!」

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

しかし、悲劇は翌日に起こった。

コアラ氏のNewsPicksアカウントの、運営によるBANである。

スクリーンショット 2016-01-18 12.47.02

Nakagawaさんの前日の忠告も虚しく、アダルト記事PICK等で暴れすぎたコアラ氏に、天罰が下った。

ユーザーベースのNakagawaさんはNewsPicksの運営には本当にほぼ関わっていないようで個人的な見解であったが、「度が過ぎると守りきれなくなる」という意図は、NewsPicks運営にもあったのではないかと推測される。

ともっくすは、コアラ氏が星になった事件を見て、ドラゴンボール・魔人ブウ編 強力すぎる魔人ブウを倒すため、捨て身で自爆することを覚悟したベジータのセリフを思い出していた。

トランクス・・・・・・・・・・・・ブルマを・・・ママを大切にしろよ・・・・・・・・・・・・

さらばだブルマ・・・トランクス・・・・・・そして・・・カカロット・・・・・・

コアラForever。

さようなら、コアラ。また会う日まで。

 

See you nyaxt week!

本記事のNewsPicksコメント欄はこちら

SmartHospitalLINEで猫の画像を送りつける

猫画像は、TwitterまたはInstagramで「#nyaspaper」のハッシュタグを付けて提供もできます

 

 

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - NyasPaper編集部のネタ