NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

『ルドルフとイッパイアッテナ』に学ぶ嫌われない勇気

      2016/08/13

猫と人間、それぞれの愛と友情の物語。ひょんなことから、長距離トラックで東京にきてしまった黒猫ルドルフ。土地のボス猫と出会い、このイッパイアッテナとの愉快なノラ猫生活がはじまった……。

Amazon

本書『ルドルフとイッパイアッテナ』のタイトルの由来ですが、ルドルフは黒猫の名前からきてますが、イッパイアッテナはボス猫の名前ではありません。野良猫であるボス猫の本名は、タイガーです。

このタイガーという名前は飼い猫であった時の名前ですが、野良猫となった現在、人間達からはタイガーでなくトラ、ボス、デカ、ドロなど様々な名前で呼ばれています。このように、呼び名がいっぱいあることから、”イッパイアッテナ”です。

猫 画像

野良猫であるにも関わらず、人間から名前で呼ばれるということは、それだけイッパイアッテナが可愛がられている証拠です。野良猫として生きていくためには餌が必要であり、そのためには人間に可愛がってもらう必要があることを、イッパイアッテナは理解していたために、猫を被りました。

魔女のばあさんから牛乳を分けてもらうため、

ニャオー

給食室のおばさんからのクリームシチューを分けてもらうため、

ニャオー

魚屋のおやじから魚を分けてもらうため、

ニャオー

と慣れないながらも愛くるしい声で鳴きました。生きていくために。

もともとイッパイアッテナは飼い猫です。飼い猫であるという理由だけで、イッパイアッテナは媚びずに魚、肉、キャットフードなど贅沢な食事にありつけました。しかし、ご主人のアメリカ転勤を機に、突然野良猫になりました。

野良猫は飼い猫とは違い、餌にありつくためにゴミを漁ったり、鼠や鳥を狩ったりするなど、手段を選んでいる余裕はありませんでした。さらに、食する餌は栄養も偏り、供給も不安定です。そんなイッパイアッテナが野良猫として安寧な生活を手に入れるために、

ニャオー

と。飼い猫としてのプライドを捨て、野良猫として新しい自分に生まれ変わる必要がありました。生きていくために。

生きていくためでしたらプライドを捨てるのは簡単かもしれませんが、イッパイアッテナが凄いのは友達のためにもプライドを捨てることです。

黒猫ルドルフの門出に、どうしても贅沢な牛肉を食べさせてやりたかったイッパイアッテナは、近所の猫たちの間で凶暴な犬として知られているデビルの元へ、牛肉を分けてもらうために頭を下げに行きます。

デビルに、元の飼い主を罵られても、こじき猫と呼ばれても、フォークダンスを踊れ、腹を上にしてころがりダンスを踊れ!と屈辱的な命令をされても、ルドルフに贅沢な牛肉を食べさせてやりたいという想いから、イッパイアッテナはデビルの命令に従います。

人間界では『嫌われる勇気』という本が流行っておりますが、生きていくために『嫌われない勇気』を持つこと、友人を守るために『嫌われない勇気』を持つこと。目的を果たすために本心を偽り、嫌われないように振る舞うことを、決してかっこ悪いとは思いません。付き合う人の数だけ性格なんて…

イッパイアッテナ

ルドルフとイッパイアッテナ

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - NyasPaper編集部のネタ