NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

子宮頸がんワクチンの副作用よりもマスコミの偏向報道の方が有意に恐ろしい件

      2016/08/13

nekogazo

@zzeldathecat

子宮頸がんは、婦人科がんの中で最も罹患率の高いがんですが、その原因の90%はHPV(ヒトパピローマウイルス)感染であることが判明しています。

そのため、癌の中では珍しく予防療法が確立された癌の1つであり、予防療法であるHPVワクチンの摂取により50%~70%の患者がHPV感染の発症を防げます。

しかし、この50%~70%もの患者を救うHPVワクチンの摂取の“積極的な”推奨を、厚生労働省は平成25年6月14日に辞めました。理由は、HPVワクチン接種後の小児の体に、失神、慢性疼痛などの副作用が診られたからです。

この副作用の症状解明のため、平成25年度から厚労省は国費を使って「池田班」と「牛田班」の2つの研究班で研究を実施してきました。そして、ついにその成果が平成28年3月16日に発表され、結果は「HPVワクチンが脳障害を引き起こす疑いがある」と池田班から報告されました。

この結果を受け、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会が国と製薬会社を相手に訴訟準備を進めていた矢先の平成28年6月17日、とある1人の医師であり医療ジャーナリストの記事がWedgeに掲載されました。

医師として目の前の患者の命を救うことも然ることながら、医療ジャーナリストとして真実を追求、明らかにすることで将来の患者の命を救った村中璃子氏に敬服いたします。

この記事にコメントをする

 - NyasPaper編集部のネタ