NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

【茶トラ】週刊NyasPaper vol.3【猫画像】

      2016/08/17

chatora

@maruelmoruru

週刊NyasPaperは、猫の猫による猫のための雑誌にゃ。発刊は、毎週月曜日夜8時。見逃すにゃ!

😻悩殺!巻頭グラビア猫

「😻悩殺!巻頭グラビア猫」では、NyasPaper編集部が今イチオシの猫さまの悩殺ショットを紹介するにゃ。

茶トラ

他の猫たちと見た目はなに1つ変わらない茶トラの福。でもこの福には他の猫たちと違うところが2つある。それは、耳が聞こえないということと、右目が見えないということ。

飼主の@maruelmoruruさんが福を拾ったのは4年前の肌寒い3月の初旬。雪が残る道路に福はいた。飼主さんが「何してるの?」と聞くと、「にゃあ」と福が答えたので、拾った時には福の耳がまさか聞こえないなんて知らなかったという。一時的に保護するつもりだったが、障害を持つ猫と知った時に里親は見つからないだろうと、福と一生付き合う決心をした。

耳だけでなく、4年目の付き合いとなる福は最近になって右目までも失明してしまった。でも、飼主さんはこう言う。「触る時は目を見ながら、突然さわらないように。福が驚くので。そして、福の通り道にはなるべく家具を置かない。福がぶつかるので。気をつけているのはこの2つだけ。それ以外は他の猫となにも変わりません。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

🙀衝撃!今週の猫ニュース

「🙀衝撃!今週の猫ニュース」では、人間界を今週賑わせた猫さま関連のニュースから5本ピックアップして紹介するにゃ。

眠り猫、三猿40年ぶりお色直しへ…日光東照宮

日光東照宮の「眠り猫」、ついでに「三猿」の彫刻が今月より彩色修理に入る。最後に補修されたのは1975年頃なので、約40年ぶりの彩色となる。「眠り猫」の修理は年内に終える予定で、7色で鮮やかに生まれ変わった「眠り猫」を要チェックや。

「なめ猫」被告に、裁判長「なめてはいけない」

なめ猫のプロデューサーで現在は葬儀会社を経営する津田覚さとる被告(65)が、約1億1000万円の脱税をしたという罪が問われていた判決で、裁判官「いくら才覚があっても、ルールをなめてはいけない」と、なめ猫被告を諭したらしい。

宮沢りえ、猫の演技力に脱帽「何をすべきかわかっている」

WOWOWオリジナルドラマ『グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-』が6月11日(土)22:00より始まった。第1話の完成披露試写会に出演したベテラン女優の宮沢りえが「想像をはるかに超える名演技をしてくれた。その度に、私も負けないように良い芝居しなきゃって思っていましたね。」と“グーグー役”として出演した猫のグミちゃんを絶賛した。

ねこ好きから注文殺到!猫家紋が入った『ねこもん表札』の開発秘話

今や表札にも個性が求められる時代がきている。ただの木製表札に「猫の家紋」を入れるだけで、あら不思議。個性が手に入る。

世界のかわいいネコを壁に貼ろう!岩合光昭さんとコラボした「ねこウォールステッカー」

猫を飼いたくても飼えない人に朗報!!!なんと、動物写真家の岩合光昭さんとコラボした「ねこウォールステッカー」が6月12日に発売される。「まるで本物みたいと!」と、本物とシールを見間違える人が続出している。

😼集合!ねこあつめ

「😼集合!ねこあつめ」では、NyasPaper読者の方々からお送り頂いた猫さまの写真を紹介するにゃ。今週のねこあつめでは、どアップな猫を集めたにゃ。写真を寄稿していただける方は、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperのハッシュタグと共に投稿をお願いしますにゃ。

@moco_nyanが投稿した写真

きよみさん(@kiyomin_mom)が投稿した写真

@heureux_yが投稿した写真

@moco_nyan@uppon.chappie@kiyomin_mom@heureux_y@mugi.20151216ありがとにゃん。

😸爆笑!猫画像でひとこと

「😸爆笑!猫画像でひとこと」では、猫の画像で何かを伝えるにゃ。今週は仲間と最高の思い出を写真に残すために絶対にキメておきたいワンピースポーズについてにゃ。

ルフィ「海賊王におれはなる!!!」

ゾロ「背中の傷は剣士の恥だ」

ナミ「助けて…」

@bu.nannanが投稿した写真

サンジ「オーナーゼフ!!!くそお世話になりました!!!」

ロビン「生ぎたいっ!!!!」

白ひげ「バカな息子を――それでも愛そう…」

ビビ「いつかまた会えたら!!! もう一度 仲間と呼んでくれますか!!!?」

🐱編集後記

今週も週刊NyasPaperを読んでいただきありがとうございました。映画『世界から猫が消えたなら』を1人で見に行ってきたどくたあすまあとです。

この映画は泣ける映画と前評が非常に高いのですが、たしかに噂通り泣ける映画でした。だって、会場にはカップルが半数以上を占め、残りは友人、家族連ればかり、ぼっちで見に来ているのなんて僕くらいでしたから。思わず泣いちゃいました。

そんなある意味泣ける映画『世界から猫が消えたなら』ですが、見た感想は泣けるというよりも猫をはじめとした身の回りに存在する物について考えさせられる映画でした。日産セレナのかの有名なキャッチコピー「モノより思い出」の影響でモノを軽視していた僕ですが、モノがあるから生まれる思い出があるんだなあとこの映画で気づかされました。

ミニマリスト諸君には是非とも見ていただきたい映画です。それでは本日はこのへんで消えます。

See you next nyas!!!

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - 猫画像(その他) ,