NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

【ラグドール】週刊NyasPaper vol.16【画像】

   

ラグドール

@shirukotan

週刊NyasPaperは、猫の猫による猫のための雑誌にゃ。発刊は、毎週月曜日夜8時。見逃すにゃ!

😻悩殺!巻頭グラビア猫

「😻悩殺!巻頭グラビア猫」では、NyasPaper編集部が今イチオシの猫さまの悩殺ショットを紹介するにゃ。

ラグドール

今回ご紹介するのは、ラグドールのしるこ。

ラグドールは、英語でぬいぐるみという意味。その名前にふさわしく、ネクタイ、帽子、ドレスにリボンと、しるこは何を身につけても似合う。

でもやっぱり、素のしるこに勝るものはいにゃい。

ラグドール

ラグドール

ラグドール

🙀衝撃!今週の猫ニュース

「🙀衝撃!今週の猫ニュース」では、人間界を今週賑わせた猫さま関連のニュースから3本ピックアップして紹介するにゃ。

一棟丸ごとネコビル!猫を家族にするなら、保護猫を飼うという選択肢を広めたい

大阪の心斎橋に、ビル丸ごと猫の複合施設「ネコビル」が今年よりオープンしている。ここにいる猫は全て保護猫で、気に入った猫がいれば引き取ることも可能だ。この素晴らしい取り組み、多くの保護猫と人をつなぐ場となることを期待して見守りたい。

なんじゃこりゃあ〜!「猫用全自動トイレ」に猫も飼い主も大興奮

猫用全自動トイレについてつぶやいたツイートが話題となっている。ポッド状の見た目は、完全にサイヤ人が乗ってきたアレ。しかも夜になると薄暗く光る。大切な猫さまのためなら、これほどの高機能アイテムは必須なのだ。

ネコ臭の香水まで作ってしまう、日本人のネコ好きは変態レベル? =中国メディア

上記のトイレ記事とも関連するようなニュース。日本人の猫好きは変態レベルであると中国メディアで報じられた。Hentaiという言葉は、近年日本人の性質を表す概念として有名になりつつあるが、主に18禁関連についてしか捉えられていないのが現状である。猫へのHentai具合も凄いと世界に知らしめるため、NyasPaperも尽力して参る次第である。

 

😼集合!ねこあつめ

「😼集合!ねこあつめ」では、NyasPaper読者の方々からお送り頂いた猫さまの写真を紹介するにゃ。今週のねこあつめでは、コスプレする猫を集めたにゃ。写真を寄稿していただける方は、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperのハッシュタグと共に投稿をお願いしますにゃ。

カエル

miyukiさん(@kotetuchan)が投稿した写真

 

紳士

くみちさん(@kumichi1122)が投稿した写真

 

忍者

mayumiさん(@imuyamotas)が投稿した写真

 

宇宙人

 

貴婦人

@rei_nyanzが投稿した写真

 

浴衣

miyukiさん(@kotetuchan)が投稿した写真

 

軍人

tomoさん(@ramunyanko)が投稿した写真

 

 

kotetuchanさん、kumichi1122さん、imuyamotasさん、pochiyanmamaさん、rei_nyanzさん、ramunyankoさん、#Nyaspaperで投稿ありがとにゃん!

😸爆笑!猫画像でひとこと

「😸爆笑!猫画像でひとこと」では、猫の画像を使って笑いを届けるにゃ。今週はスラムダンクの名言を喋る猫を集めたにゃ。

1.まだあわてるような時間じゃない(仙道彰)

@ani_kolchinaが投稿した写真

 

2.何人たりとも俺の眠りを妨げる奴は許さん(流川楓)

 

3.左手は添えるだけ(桜木花道)

 

4.安西先生・・・!バスケがしたいです・・・(三井寿)

 

5.あきらめたらそこで試合終了だよ(安西監督)

@mugiko381が投稿した写真

 

6.リバウンドを制する者は試合を制す(赤木剛憲)

 

🐱編集後記

みなさんこんばんは、ともっくすです。好きなラーメンは、出前一丁です。

 

さて、大分前のNyasPaperにて、僕のメルボルンでの仕事が決まったとお伝えしましたが、現在までそのお仕事をバリバリ頑張っているわけであります。ちなみにお店はラーメン屋で、ポジションはキッチンです。

実は僕が採用されたのは新規開店のオープニングスタッフです。なので、同時採用されたスタッフ達もみんな新人、このお店での経験値は横並びでゼロからのスタートとなったのです。

よって勤務初日は、各スタッフの役割配置からスタート。キッチンの中でも、ラーメンの麺場、定食用の調理場、定食用の盛り付け場と色々なポジションがあるわけですが、

店店長「おう、ともっくす。お前は今日は俺に付いて、ラーメン覚えろや。」

ともっくす「かしこまりだにゃあ」

ということで、お店のメインであるラーメン担当に回されました。

 

店店長「ここをこうして、こうやってだな・・・」

ともっくす「ふむふむ」

 

〜約1時間後

 

店店長「よし、大体教え終わったから、お店オープンする明日以降、基本的にはお前1人で麺場やってくれ。俺とかも入らないから。」

ともっくす「ふむふむ。かしこまr・・・Pardon!?!?!?!?

店店長「明日以降、基本的にはお前1人で麺場やってくれ。俺とかも入らないから。

ともっくすPardon!?!?!?!?!?!?

 

いいのかよ。

新規オープンのラーメン屋のメインである麺場、経験値を積んだ先輩もいない中、新人1人に託すという大胆な決断、いいのかよ。正直ビビりました。

 

しかしお店オープン以降、実際にやってみると意外といけます。覚えることもそんなに多くない。寿司屋の修行が無駄だと言うホリエモンの主張が身にしみてわかる瞬間です。

ともっくす「麺ゆがく、鍋にスープ、麺を鍋へ、しばらく沸騰、丼に移す、トッピング、はい次っっ!!」

場所もいいのか、初日から結構客足も多く、ピーク時にはまさに無心で作り続ける。多い時で、1日100杯〜130杯弱ほど作ってると思います。

今では、3〜4杯のラーメンを同時並行で作る技術も身につけました。僕はこれを、秘儀・千手観音キャットスプラッシュと呼んでおります。日本に帰ったら、履歴書の特技欄にデカデカと記載しようと思います。

 

ともっくす「麺ゆがく、鍋にスープ、麺を鍋へ、しばらく沸騰、丼に移す、トッピング、はい次っっ!!」

ともっくす「麺ゆがく、鍋にスープ、麺を鍋へ、しばらく沸騰、丼に移す、トッピング、はい次っっ!!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ともっくす「麺ゆがく、鍋にスープ、麺を鍋へ、」

店店長「おい、ともっくす」

ともっくす「しばらく沸騰、丼に移す、トッピング、はい次っっ!!」

店店長「ともっくす!!!」

ともっくすうるせぇ!今ラーメン作ってんだr・・・あ、店長」

店店長「お前、何やってんだ?もう営業時間はとっくに過ぎてるぞ。この山のように積まれたラーメンは何だ。

ともっくす「す、すみません、僕の千手観音キャットスプラッシュが暴発して・・・」

 

とまぁここまではならないものの、それぐらいの勢いでラーメン作ってますよということです。なかなか楽しんでます。

 

また、もう一つ皆さんにお伝えしなければならないことがあります。うちのラーメン屋にはキャラクターのロゴがあるんですが、それが・・・

 

img_3592

猫ではないものの、ニアミスで猫科であるトラさんなんですなぁ。

割と奇跡。いや、確かにお店の名前にToraって入ってたんですが、あの虎とは勤務初日まで全然しらなかった。やはり僕は、猫の星の下に生まれた人間なんだという運命をひしひしと感じますね。猫がラーメンを作る、猫ラーメンの世界を地でいっているのが私ともっくすです。

というわけで、メルボルンにお越しの際は是非お立ち寄り下さいにゃあ。

 

 

See you next nyas!!!

この記事にコメントをする

記事に猫ちゃんの画像掲載を希望するご主人様はNyasPaperのFacebookページでいいね!後、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperをつけて画像の投稿をお願いしますにゃ

 - 猫画像(その他)