NyasPaper

ストレス社会を闘うあなたに猫を。

【エキゾチックショートヘア】週刊NyasPaper vol.20【画像】

      2016/10/15

エキゾチックショートヘア

週刊NyasPaperは、猫の猫による猫のための雑誌にゃ。発刊は、毎週月曜日夜8時。見逃すにゃ!

😻悩殺!巻頭グラビア猫

「😻悩殺!巻頭グラビア猫」では、NyasPaper編集部が今イチオシの猫さまの悩殺ショットを紹介するにゃ。

エキゾチックショートヘア

茶色いお饅頭さんに似ているのがNikoさん。白いお饅頭さんに似ているのがPokoくん。

エキゾチックショートヘアのNikoとPokoは大の仲良し。

お出かけするのも、着る服も。そして寝るのも一緒。

 

エキゾチックショートヘア

エキゾチックショートヘア

エキゾチックショートヘア

 

 

🙀衝撃!今週の猫ニュース

「🙀衝撃!今週の猫ニュース」では、人間界を今週賑わせた猫さま関連のニュースから3本ピックアップして紹介するにゃ。

NZ飼い猫にマイクロチップ義務化

日本にも負けず猫好きな国で知られるニュージーランド。しかし彼らは、猫と同時に国有種を多く含む鳥類をも同時に愛している。野生の猫を識別し、猫と鳥を同時に守る策として、今回のマイクロチップ義務化が導入された。しかし、鳥達の敵は猫以外にも数多く存在するという。果たして成果は出るのか、今後の日本にも参考となりうる注目の取り組みである。

「ずっと街を見守ってやるニャン」トルコの名物猫、亡くなった後も同じポーズで佇む

歩道の段差に肘を掛け、ふてぶてしくくつろぐ猫の画像。有名な画像であり、猫好きでなくともネット上で見かけたことがある人も多いだろう。しかし、この猫がトルコの有名な野良猫だということを知る人は少ないだろう。この愛されていた名物猫のトンビリは亡くなってしまったが、この度ボランティアにより銅像が作成された。亡くなっても、この街の守り神だ。

人間年齢は140歳! 優しい家族と共に生きる、31歳の老猫に驚き! (5枚)

イギリスのとある夫婦の下で暮らすナツメグという猫は、なんと31歳の長寿猫。長寿の秘訣を聞かれた夫婦は、こう答えている。

「ナツメグは私達の猫ではありません。私達がナツメグの人間なのです。そして、ナツメグはそのことを、私達に忘れさせないのです。」

”どこまでも猫さまの下僕であれ” という夫婦の言葉は、全世界の猫好きが教訓にすべき素晴らしい格言である。そうすることで、猫さまは長寿という最大限の人間孝行を与えて下さるのだ。

😼集合!ねこあつめ

「😼集合!ねこあつめ」では、NyasPaper読者の方々からお送り頂いた猫さまの写真を紹介するにゃ。今週のねこあつめでは、とにかくもっふもふすぎる猫を集めたにゃ。写真を寄稿していただける方は、TwitterもしくはInstagramにて#nyaspaperのハッシュタグと共に投稿をお願いしますにゃ。

もふもふ

tahaaaaaraさん(@tahaaaaara)が投稿した写真

 

もっふもふ

mamiさん(@mamimori17)が投稿した写真

 

もふぅ・・・

Downyさん(@downy0607)が投稿した写真

 

もっふもっふもっふもっふもっふもっふ

 

もふもふもふもふもふもふもふもふもふもふ

 

ふわっもふっ

Akane Shimaさん(@shimakane)が投稿した写真

 

もももももももふふふふふふふ

👓TANAKAさん(@r2m1r2)が投稿した写真

 

もふううううううううううううううう!!!!!!

anzuさん(@anzu586)が投稿した写真

 

もっふ、オラごくう!

ram🐾rickさん(@asanoram)が投稿した写真

 

もおおおおおおおおおおおおふぅ・・・

♡柚♡さん(@meiyouji1206)が投稿した写真

 

tahaaaaaraさん、mamimori17さん、downy0607さん、yukichi_kikuchiさん、nyanya_tokyoさん、shimakaneさん、r2m1r2さん、anzu586さん、asanoramさん、#nyaspaperでInstagramにいただき投稿ありがとにゃん。

 

😸爆笑!猫画像でひとこと

「😸爆笑!猫画像でひとこと」では、猫の画像を使って笑いを届けるにゃ。今週はスポーツの秋!運動会で大活躍しそうな猫を集めたにゃ。

徒競走

 

パン食い競走

 

障害物競走

Federica Bottiniさん(@fef_93)が投稿した写真

 

フォークダンス

 

バトンリレー

Mikael Ekさん(@foffeek)が投稿した写真

 

キャタピラレース

mambo211さん(@mambo211)が投稿した写真

 

大玉ころがし

🐱編集後記

第1回! 

チキチキ!

「ねこ」と勘違いする言葉選手権ー!!!

パフパフ♪ パフパフ♪

 

こんばんは、ともっくすです。好きな漢字は「猫」です。

僕最近思うんですけど、世の中には「ねこ」と見間違える、もしくは聞き間違える言葉が多すぎるんですよ。いつも頭の片隅で猫さまのことを考えている僕のような下僕は、そういう言葉に出会う度に

 

(*´Д`*)えっ、今ねこって書いてあった!?!?」

(*´Д`*)えっ、今ねこって言った!?!?」

 

と、何の脈絡もなく無駄にテンションが上がってしまって周囲に変な顔をされる。そんな生きづらさを感じている猫好きが大勢いるんじゃないかと思います。

そんな猫好きの方々に向けて、日頃から気をつけておくべき言葉をいくつかご紹介しますので参考にして下さい。

 

1、描

「それでは今日の授業では、猫を描いてみましょう」

(*´Д`*)ねこをねこいてみましょう!?!?」

 

2、コネ(コネクション)

「親のコネで内定決まったわ〜」

(*´Д`*)親のネコで内定決まった!?!?」

 

3、寝込む

「昨日は風邪で寝込んでてさ〜」

(*´Д`*)風邪でねこでさぁ!?!?」

 

4、何個?

「それ、何個持ってる?」

(*´Д`*)にゃんこ持ってる!?!?」

 

5、カット

「そのお菓子、カットしといて」

(*´Д`*)キャットしといて!?!?」

 

6、◯◯だねー、この◯◯は

「そうだねー、この季節はむくみやすいから」

(*´Д`*)ねこの季節!?!?」

 

 

それでは以上を踏まえ、下記の長文を何度も読み返し、ねこの話題と勘違いしないような耐性をつける練習をしておきましょう。

 

「上司のコネで取れた取引用に何個か仕様図を描いてたんだけど、プレゼン当日風邪で寝込んでてさ。賞与カットだわ。自分のせいだねー、この失態は。」

 

 

 

 

 

 

「(*´Д`*)!?!?」

 

 

第2回でまたお会いしましょう(?)。

 

See you next nyas!!!

この記事にコメントをする

 - 猫画像(その他)